JR西日本は25日、さらなる安全性・安定性・快適性の向上と、電車・気動車のシステム共通化によるメンテナンス技術の向上と効率化を図り、次世代車両への転換に向けた各種技術検証を実施することを目的に、新型電気式気動車DEC700形を導入すると発表した。

新型電気式気動車DEC700形のイメージ

DEC700形は、ディーゼルエンジンと発電機で発電した電力により、モーターを駆動して走行する電気式気動車。バッテリーの搭載によるハイブリッド方式への変更も可能な構造としている。

電車・気動車のシステム統合により、メンテナンス技術の効率化や、機械部品の削減による運行時・メンテナンス時の安全性・安定性の向上が期待されている。ユニット化も進めており、運転台や機器室をユニットとして車両に組み込むことで、工期の短縮やコスト低減も期待できるという。デザインは中国地域色である黄色をベースカラーとしている。

電気式気動車の方式イメージ

1両1編成を導入し、広島支社下関総合車両所新山口支所に配置。今後は試運転や各種性能確認試験、将来に向けた各種技術検証を行う。ハイブリッド方式の各種検証試験も実施予定としている。

#気動車 #JR西日本 #新型車両


JR西日本DEC700形、新型車両は電気式気動車 – ベースカラーは黄色

関連記事

沢口靖子「鉄道捜査官」最新作に“あの定番人物が不在?”異変にザワザワ

沿線住民に「愛されている」路線ランキング! 3位「埼玉高速鉄道線」、2位「北総鉄道北総線」、1位は千葉県の……?

不死鳥「ひのとり」で新幹線に挑む、近畿日本鉄道・名阪特急の歴史がすごい

張吉懐高速鉄道、通電走行テストを開始—中国

山村紅葉はどっちの役?沢口靖子「鉄道捜査官」ファン注目の「意外ポイント」

JR西日本「etSETOra(エトセトラ)」10/2から復路も呉線経由で運行へ