山形県とJR東日本は、リゾート新幹線「とれいゆつばさ」を活用した「やまがたワーケーション新幹線」を10月1日に運行すると発表した。

「とれいゆ つばさ」は通常、山形新幹線の福島~新庄間で運行される

「やまがたワーケーション新幹線」は、新たな体験として「新幹線車内でのワーケーション(ワーク+バケーション)」を提案し、需要創出を図る目的で企画された。上野駅・大宮駅から山形県内の山形新幹線各駅までの区間を運行する予定で、旅行商品としての販売を計画しているという。

運行や旅行商品の詳細は7月中に発表される予定。なお、新型コロナウイルス感染症の状況等により、企画を予告なく変更または中止する場合があるとのこと。

#新幹線 #JR東日本 #電車


JR東日本「とれいゆ つばさ」で「やまがたワーケーション新幹線」

関連記事

沢口靖子「鉄道捜査官」最新作に“あの定番人物が不在?”異変にザワザワ

沿線住民に「愛されている」路線ランキング! 3位「埼玉高速鉄道線」、2位「北総鉄道北総線」、1位は千葉県の……?

不死鳥「ひのとり」で新幹線に挑む、近畿日本鉄道・名阪特急の歴史がすごい

張吉懐高速鉄道、通電走行テストを開始—中国

山村紅葉はどっちの役?沢口靖子「鉄道捜査官」ファン注目の「意外ポイント」

JR西日本「etSETOra(エトセトラ)」10/2から復路も呉線経由で運行へ