JR東日本秋田支社は24日、鉄道の魅力にもっと触れてもらえるように、JR東日本総合研修センター(福島県白河市)のオンライン見学会を開催すると発表した。「Zoom」によるオンライン配信で、8月5・6日に各日2回(10~11時・13~14時)実施される。

JR東日本総合研修センターのオンライン見学会では、新幹線シミュレータを使用した車掌・運転士の研修なども紹介(JR東日本秋田支社提供)

オンライン見学会では、オープニングに続き、施設紹介(研修棟、実習棟、食堂、宿泊室など、施設の隅々まで紹介)、訓練風景(新幹線シミュレータを使用した車掌や運転士の研修など)、インタビュー(研修生・講師らがどんな思いで日々の業務にあたっているかをインタビュー)、交流タイム(見学会の内容、総合研修センター、研修についてなど、その場で回答)の配信が予定されている。

参加費は1,835円で、「TABICA」のサービス手数料が別途必要。「東京感動線×TABICA体験ページ」で申込みを受け付け、期間は8月5日分が6月25日11時から8月2日12時まで、8月6日分が6月25日11時から8月3日12時までとなる。定員は各回50名(計200名)。定員に達し次第、申込みは締切となる。

新幹線シミュレータ(JR東日本秋田支社提供)
JR東日本総合研修センター(JR東日本秋田支社提供)

なお、視聴機器の準備と「Zoom」の設定は参加者自身で行う必要があり、「Zoom」に関する問い合わせは受け付けないとのこと。

#JR東日本 #鉄道イベント #新幹線 #電車


JR東日本総合研修センターのオンライン見学会を開催「Zoom」で配信

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も