岳南電車はこのほど、同社の前身である岳南鉄道の貨物営業時代に活躍した電気機関車を展示する新たな観光スポット「(仮称)電気機関車公園」を岳南富士岡駅構内に整備し、8月21日にオープンすると発表した。

岳南富士岡駅における現在の電気機関車の状況
昭和初期に製造された電気機関車など展示予定

岳南鉄道の貨物営業は2012(平成24)年3月31日に終了。「岳南富士岡駅(仮称)電気機関車公園」では、貨物営業時代に活躍した電気機関車など合計4両が展示される。90年以上前の昭和初期に製造された電気機関車が展示され、一部の機関車については貨物営業当時の走行場面を少しでも再現させるため、前照灯の点灯や汽笛の吹鳴を復元する整備もあわせて行うとのこと。

構内にウッドデッキを整備し、市民や観光客がくつろげるスペースを設置するほか、夜景電車の運行に合わせた機関車のライトアップも実施する。なお、塗装作業では、塗装店のボランティア活動団体である「塗魂ペインターズ」静岡エリアが協力する。

#機関車 #鉄道博物館 #展示施設 #中小私鉄 #三セク


岳南電車、岳南富士岡駅構内「(仮称)電気機関車公園」8/21オープン

関連記事

訪日メディア「MATCHA」、日・英・繁体字目線で日本文化を発信する特集「映える日本鉄道」を7月26日にリリース

川崎重工、ニューヨーク市交通局向け新型地下鉄電車「R211」を納入

クレーン・ホイストの市場規模、2026年に330億米ドル到達予測

【乗車レポ】京成3100形で印旛車両基地へ……北総車両が集う見学ツアー

秋田県とJR東日本、秋田新幹線新仙岩トンネルを推進 – 覚書を締結

岡山にグランピング施設「せとうちグランピング」瀬戸内の多島美を望む癒しのアウトドア空間