第13回 一般の部大賞「特等席」

総合工学機器メーカーのタムロンは、第14回目となる「タムロン鉄道風景コンテスト 私の好きな鉄道風景ベストショット」の開催を決定し、募集を開始した。

「タムロン鉄道風景コンテスト」は、同社が鉄道のまち大宮(さいたま市)に本社を置く企業として、さいたま市、さいたま市教育委員会、さいたま商工会議所の後援を受け、2008年から毎年開催している写真コンテスト。

地域の活性化と鉄道文化、写真文化の振興に貢献することを目的としたもので、鉄道とその周辺を入れ込んだ写真であれば風景、スナップなどを問わず広く応募できる。

撮影機材も一切限定しておらず、「小・中・高校生の部」を設けるなどして門戸を広げている。昨年開催された第13回目は、過去最多となる8,428点の応募があった。

第13回 小・中・高校生の部大賞「雪煙」

募集期間は2021年6月23日〜8月20日。詳細は「第14回 タムロン鉄道風景コンテスト」紹介ページに掲載されている。審査員を務めるのは写真家・広田尚敬氏とフォトライター・矢野直美氏。審査結果は9月下旬にタムロンホームページで発表するほか、10月にはそごう大宮店で写真展を開催する。

鉄道チャンネル編集部
(写真提供:タムロン)

#コンテスト #過去最多 #たま #さいたま市


『第14回 タムロン鉄道風景コンテスト』募集開始 昨年の応募総数は過去最多の8428点

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も