全国鉄道第3四半期運行ダイヤの実施に伴い、スマート高速列車「復興号」が25日、京滬高速鉄道、京広高速鉄道、京哈高速鉄道、徐蘭高速鉄道、成渝高速鉄道で運行開始し、サービス機能がさらに最適化される。中国新聞網が伝えた。

復興号はどのような外見をしているのだろうか。どのような異なる体験を提供するのだろうか。国鉄集団の関係責任者が22日午前、その秘密を明かしてくれた。

■バリアフリー車両を特設

復興号は8両編成の場合は4号車に、17両編成の場合は8号車にバリアフリー車両を特設し、より広いドア、バリアフリートイレ、車椅子を置くスペースを配置。サービス施設には点字を追加し、障害者の移動をより良くサポートする。

最適化された後、復興号の施設がより整備されるようになる。先頭車両のデザインを一新し、車掌の搭乗ドアを追加し乗り降りを便利にした。車掌がビジネスクラスの車両から運転室に入ることで、旅客の休憩の妨げにならずに済む。また、先頭車両はデザインを改善し空気抵抗を3〜5%下げることができる。

車内販売もより便利になる。食堂車に自動販売機を1台増設し、セルフサービスで果物、飲み物、お菓子などを提供する。乗客は今後、携帯電話でバーコードをスキャンするだけで各種商品を購入できるようになる。

■5G技術に基づくWi-Fi

旅客にとって、復興号は従来の列車よりも快適だ。17両編成列車は5G技術に基づく車内Wi-Fiを採用。沿線の5G電波が届くようになるに伴い、旅客により高品質の音声通話とモバイルネットワークサービスを提供する。

インバータ技術を採用した列車のエアコンは、気温の調整がより正確になり、騒音がより小さくなり、車内がより静かになる。旅客がより快適になるばかりでなく、エネルギー消費を10%削減できる。

車両の上部には29インチのワイドテレビを設置。左右のディスプレーが同時に列車の運行情報と娯楽番組を放送できる。また、列車には「静音車両」設定機能が増設されており、運営の需要に基づき柔軟に「静音車両」に設定できる。

スマート照明を設置したトイレは、人を感知すると自動的に明るさを調節するとともに、「喫煙禁止」と音声で注意を促す。

■列車運行がよりスマートに

最適化された後の復興号のスマート運営・メンテナンス水準がさらに向上する。イーサネットによる列車制御、車載安全モニタリングなど9件のスマート運営・メンテナンスと監視システムを採用し、列車の運行や安全監視などのスマート化水準をさらに高めている。

車内ネットワークと車内動画の連動により、火事、定員超過、旅客による緊急ボタン使用、ドアの異常などの警報が出ると、車内動画と連動し警報を出し、速やかに故障を確認・処理できる。こうすることで故障によるさらなるリスク拡大を防止できるだけでなく、列車の走行途中の故障処理の効率も高めている。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

#高速 #復興 #中国 #リニューアル


新型高速列車「復興号」がリニューアル、新たな変化とは?—中国

関連記事

訪日メディア「MATCHA」、日・英・繁体字目線で日本文化を発信する特集「映える日本鉄道」を7月26日にリリース

川崎重工、ニューヨーク市交通局向け新型地下鉄電車「R211」を納入

クレーン・ホイストの市場規模、2026年に330億米ドル到達予測

【乗車レポ】京成3100形で印旛車両基地へ……北総車両が集う見学ツアー

秋田県とJR東日本、秋田新幹線新仙岩トンネルを推進 – 覚書を締結

岡山にグランピング施設「せとうちグランピング」瀬戸内の多島美を望む癒しのアウトドア空間