#FUJIWARA#藤本敏史 が6月19日の「土曜スペシャル」(テレビ東京系)で放送された「鉄道沿線ひたすら歩き旅 第10弾 川越〜秩父・三峰口」に出演したが、“上から目線の尊大な態度だ”と批判の声が上がっている。

このシリーズは、鉄道の路線沿いにひたすら歩いていくルールで、3日間で100kmを歩く厳しい旅になることもある。フジモンは初日と2日目を担当。すると、初日から不満を連発したのだ。

#福澤朗 がルート選択をミスして少し遠回りをしただけで「ムダですわ」「意味なかったなぁ」と文句ばかり。行き止まりだとわかると「できたら間違えてほしくない」と不満を漏らした。間違えると「メンタルちょっとやられるんですよ」と一方的に訴えた。

道中、薪ストーブのお店を発見。珍しいとお店に入り、説明を受けたが居眠りしてしまう失態も見せている。

「テレ東の旅番組はお笑い芸人が出演し、“クズ言動”をすることがよくあります。それがおもしろさにつながるんですが、フジモンの場合はただ不満を言っているだけで、“あまりおもしろくないどころか不快”という声も少なくありません」(テレビ誌ライター)

視聴者だけでなく、 #AKB48#入山杏奈 からも文句が飛び出した。入山が土踏まずが痛くなってきたと話すと、藤本は足裏マッサージが得意だとアピール。入山から「気持ち悪い」「嫌だ」と露骨に拒否された。

「東松山駅から森林公園駅まで人気の少ない所を暗くなってから歩いていた時のこと。まるで心霊スポットのような場所で映像からも怖さが感じられました。するとフジモンが『さっきから石が飛んでくる』と主張。確かに何かが飛んでいました。福澤は虫だと断定していましたが、あれはいったい何なのか。霊からも拒絶反応が発しているのではないかと笑ってしまいましたよ(笑)。もちろん番組をもりあげようとして、自分の役回りを演じている面もあるのだとは思いますが…」(前出・テレビ誌ライター)

“各方面”から「大ブーイングを受けた」形の藤本敏史。次の出演はあるか。

#藤本敏史 #批判 #視聴者 #テレ東


藤本敏史に視聴者大ブーイング!「テレ東旅番組史上最悪の旅人」と批判続出

関連記事

太川陽介、“バス旅のプロ”を覆した衝撃の「電車」利用シーンで出たホンネ

京成「まるごと3400形の旅」初代「スカイライナー」の音と走り堪能

鉄道業界に変革起こす?ミライトの5G「実証ラボ」見学会に参加、活用法を探りました【コラム】

くま川鉄道、11月下旬に肥後西村~湯前間運行再開へ – 全線の約7割

相鉄線横浜駅「ガチャの駅 by LaLaLaIST」カプセルトイ自販機108台

中川家・剛 鉄道好きの弟・礼二のためにやらされ続けたこととは…「地獄の週末。跡ついてんねんから」