浙江省の杭州市、紹興市、台州市を結ぶ杭紹台高速鉄道では22日、浙江省温嶺駅のバラストレス化された道床において、最後のレール1組の接続が無事行われた。これにより、中国国内で初となる民営持株高速鉄道の全線がつながり、年末の全線開通と営業開始のためのしっかりとした基礎が打ちたてられた。人民網が伝えた。

杭紹台高速鉄道は国家沿海鉄道の快速旅客輸送ルートの構成部分で、主要路線の全長は266.9キロメートル、設計速度は時速350キロメートル。投資総額は448億9000万元(約7631億3000万円)で、今年年末までに開通と営業開始の条件を整えることを予定している。杭紹台高速鉄道は長江デルタ地区の高速鉄道ネットワークにつながり、浙江省内の杭州市都市エリアと温州市・台州市沿海都市群とをつなぐ快速ルートを形成し、台州と杭州の高速鉄道による「1時間交通圏」を実現し、台州における長江経済ベルトと「一帯一路」(the Belt and Road)国家発展戦略の歩みを加速させる。(提供/人民網日本語版・編集/TG)

#高速鉄道 #浙江省 #中国 #杭州


中国初となる民営の高速鉄道が全線開通—浙江省台州市

関連記事

太川陽介、“バス旅のプロ”を覆した衝撃の「電車」利用シーンで出たホンネ

京成「まるごと3400形の旅」初代「スカイライナー」の音と走り堪能

鉄道業界に変革起こす?ミライトの5G「実証ラボ」見学会に参加、活用法を探りました【コラム】

くま川鉄道、11月下旬に肥後西村~湯前間運行再開へ – 全線の約7割

相鉄線横浜駅「ガチャの駅 by LaLaLaIST」カプセルトイ自販機108台

中川家・剛 鉄道好きの弟・礼二のためにやらされ続けたこととは…「地獄の週末。跡ついてんねんから」