浙江省の杭州市、紹興市、台州市を結ぶ杭紹台高速鉄道では22日、浙江省温嶺駅のバラストレス化された道床において、最後のレール1組の接続が無事行われた。これにより、中国国内で初となる民営持株高速鉄道の全線がつながり、年末の全線開通と営業開始のためのしっかりとした基礎が打ちたてられた。人民網が伝えた。

杭紹台高速鉄道は国家沿海鉄道の快速旅客輸送ルートの構成部分で、主要路線の全長は266.9キロメートル、設計速度は時速350キロメートル。投資総額は448億9000万元(約7631億3000万円)で、今年年末までに開通と営業開始の条件を整えることを予定している。杭紹台高速鉄道は長江デルタ地区の高速鉄道ネットワークにつながり、浙江省内の杭州市都市エリアと温州市・台州市沿海都市群とをつなぐ快速ルートを形成し、台州と杭州の高速鉄道による「1時間交通圏」を実現し、台州における長江経済ベルトと「一帯一路」(the Belt and Road)国家発展戦略の歩みを加速させる。(提供/人民網日本語版・編集/TG)

#高速鉄道 #浙江省 #中国 #杭州


中国初となる民営の高速鉄道が全線開通—浙江省台州市

関連記事

訪日メディア「MATCHA」、日・英・繁体字目線で日本文化を発信する特集「映える日本鉄道」を7月26日にリリース

川崎重工、ニューヨーク市交通局向け新型地下鉄電車「R211」を納入

クレーン・ホイストの市場規模、2026年に330億米ドル到達予測

【乗車レポ】京成3100形で印旛車両基地へ……北総車両が集う見学ツアー

秋田県とJR東日本、秋田新幹線新仙岩トンネルを推進 – 覚書を締結

岡山にグランピング施設「せとうちグランピング」瀬戸内の多島美を望む癒しのアウトドア空間