カメラ用の交換レンズでおなじみのタムロンは6月23日、第14回となる「タムロン鉄道風景コンテスト 私の好きな鉄道風景ベストショット」の開催を発表した。2008年から毎年開催している鉄道関連のフォトコンテスト。昨年開催された第13回は、過去最多となる総数8,428点の応募があった。
今年も例年同様、鉄道とその周辺を入れ込んだ写真であれば、風景、スナップ問わず応募可能。撮影地域も自由。カメラメーカー、レンズメーカーなども問わず、スマートフォンで撮影した写真でもOK。撮影時期や期間の指定もないので、過去に撮影した作品でも応募できる。
作品点数は1人10点までで、応募作品はプリントのみ対象。サイズは、キャビネサイズ(2L)〜四ツ切りワイドプリントまで。カラー / モノクロも問わない。ただし単写真であることで、台紙貼り、スライド、パネル貼りのものはNGとなる。応募期間は6月23日〜8月20日まで。郵送は当日消印、宅配便は当日受付日有効。
部門は一般の部と小/中/高校生の部の2部門に分かれており、写真家の広田尚敬氏とフォトライターの矢野直美氏が審査員を務める。入賞者の発表は9月下旬。タムロン公式サイトでの審査結果の発表は10月14日〜10月29日。
なお、そごう大宮店にて入賞作品による写真展も開催。レイル・マガジン2022年1月号では、上位入賞作品を掲載する。各部門の賞品は以下の通り。
○一般の部
大賞(さいたま市長賞) 1名: 300,000円、副賞タムロンレンズ
準大賞 3名: 50,000円、副賞タムロンレンズ
審査員特別賞 3名: 20,000円
入選 15名: 10,000円
佳作 20名: 5,000円
○小・中・高校生の部
大賞(さいたま市教育委員会教育長賞) 1名: 100,000円、 副賞タムロンレンズ
準大賞 3名: 30,000円、副賞タムロンレンズ
審査員特別賞 3名: 10,000円
入選 15名: 5,000円
佳作 20名: 2,000円
○全応募作品より選出
ユーモアフォト賞(さいたま商工会議所会頭賞)1名: 10,000円、副賞タムロンレンズ
車輌写真賞 1名: 50,000円、副賞タムロンレンズ
タムロン賞 1名: 50,000円、副賞タムロンレンズ

#コンテスト #スマホ #カメラ #過去最多


タムロンが恒例の鉄道風景コンテスト スマホ写真もOK

関連記事

太川陽介、“バス旅のプロ”を覆した衝撃の「電車」利用シーンで出たホンネ

京成「まるごと3400形の旅」初代「スカイライナー」の音と走り堪能

鉄道業界に変革起こす?ミライトの5G「実証ラボ」見学会に参加、活用法を探りました【コラム】

くま川鉄道、11月下旬に肥後西村~湯前間運行再開へ – 全線の約7割

相鉄線横浜駅「ガチャの駅 by LaLaLaIST」カプセルトイ自販機108台

中川家・剛 鉄道好きの弟・礼二のためにやらされ続けたこととは…「地獄の週末。跡ついてんねんから」