近畿日本鉄道は23日、今年8月のラストラン(予定)をもって引退する12200系(4両編成)を青山町車庫で1時間貸し切り、自由に楽しめる体験イベント「12200系車両 Special thanks」を7月17日に開催すると発表した。

近鉄が青山町車庫で12200系の体験イベントを開催

12200系は2021年2月に定期特急列車としての運用を終了。4月に開催した臨時特急列車としての運転や撮影会も好評で、依然として多くの人から引退を惜しむ声が届いているという。「12200系車両 Special thanks」では、引退までの期間が残り少なくなった12200系との時間を自由に過ごしてもらうことをコンセプトに、募集人数を最大7組14名(1組2名まで)に限定。12200系を1組あたり1時間貸し切って使用できる。少人数で車両を貸し切るイベントは、近鉄において初の試みとなる。

1時間の使い方は参加者次第とされ、車庫線内での運転体験、車内放送や扉開閉操作などの車掌体験、車両担当社員による車両解説等を用意している。その他にも参加者の希望は可能な限り対応するとのこと。イベント参加者限定の特別な記念品も用意する。

「12200系車両 Special thanks」は7月17日の9~16時に開催され、会場の青山町車庫は青山町駅から徒歩10分。旅行代金は1名あたり12万2,000円。代金には発駅から青山町駅までの往復運賃・イベント費・記念品代・諸税が含まれ、発駅は関西地区(大阪府・京都府・奈良県内)、東海地区(愛知県・三重県内)の近鉄指定駅となる。6月25日10時から、近鉄のサイトにて申込みを受け付ける。

#鉄道車両の引退 #鉄道イベント #特急列車 #近鉄 #電車


近鉄「12200系車両 Special thanks」青山町車庫で体験イベント開催

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も