千葉県知事の熊谷俊人氏が23日、北総鉄道の「高運賃問題」について自身のTwitterに投稿した。今月18日に北総鉄道の代表取締役社長、室谷正裕氏と会談した際、「私から高運賃問題について検討を要請したところ、『運賃値下げの可能性の検討に着手したい』との大変前向きなお話があった」とのこと。

北総鉄道の車両7500形

北総鉄道は東京都内の京成高砂駅から、千葉県内の印旛日本医大駅までを結ぶ北総線(京成高砂~小室間は第1種鉄道事業区間、小室~印旛日本医大間は第2種鉄道事業区間)を運営し、京成線・都営浅草線・京急線と相互直通運転を行っている。

北総線については以前から運賃の高さが指摘されており、初乗り運賃はICカード203円・きっぷ210円、新鎌ヶ谷駅から隣の西白井駅までICカード309円・きっぷ310円、新鎌ヶ谷駅から2駅先の白井駅までICカード449円・きっぷ450円、京成高砂~印旛日本医大間の全区間乗車した場合の運賃はICカード837円・きっぷ840円となっていた。

千葉県の熊谷知事がTwitterに投稿した内容によれば、北総鉄道の室谷社長との会談にて、2022年度中にも累積損失を解消できる見込みであり、運賃値下げについても前向きな話があったことを自民党の代表質問にて答弁したとのこと。熊谷知事は続けての投稿で、北総鉄道の判断を評価するとともに、「県として今後、沿線住民の利便性向上や沿線の活性化に資するものとなるような、新たな運賃体系が実現されるよう、北総鉄道に対し、働きかけていきます」と記している。

#電車


北総鉄道、運賃値下げの可能性「前向きな話があった」と千葉県知事

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も