えちごトキめき鉄道は、JR西日本から譲り受けて松任工場で国鉄急行色に塗り直した「国鉄形急行電車」413系・455系の訓練を兼ねた公式試運転を6月17・18日に実施し、無事終了したと発表した。

「国鉄形急行電車」413系・455系の公式試運転が6月17・18日に行われた

えちごトキめき鉄道では、北陸地区のJR線で活躍していた近郊形電車413系1編成(3両編成)と、国鉄時代の急行形電車の雰囲気を残す「クハ455-701」の計4両をJR西日本から譲り受け、松任工場で国鉄急行色に塗り直された。昭和30年代後半から活躍してきた交直両用電車を国鉄色に塗装したこともあり、ノスタルジーを感じるとして鉄道ファンから人気となっている。


413系・455系公式試運転の様子

413系・455系の車内
公式試運転は運転士の業務指導も兼ねており熱心に議論が交わされた

公式試運転は6月17・18日の2日間実施され、午前中は直江津駅を出発した後に日本海ひすいラインを糸魚川駅まで往復。午後からは直江津駅から妙高はねうまラインを妙高高原駅まで往復した。

#国鉄 #電車 #中小私鉄 #三セク


えちごトキめき鉄道、413系・455系公式試運転が無事終了したと発表

関連記事

JR東日本E4系「サンキュー Max」旅行商品専用列車、盛岡駅乗入れも

鉄道・運輸機構が改革プラン策定、業務改善の取組を加速

凸版印刷、鉄道事業者7社連携によるAIを活用したお客様案内の実証実験に参加

沢口靖子「鉄道捜査官」が3年ぶりに帰ってくる!“SL登場”で気になる展開

「佐賀駅」開業130周年記念!

東急「電車とバスの博物館」B棟を暫定活用したシェアオフィス公開