ドラマ「 #西村京太郎 トラベルミステリー」(テレビ朝日系)で十津川警部役を演じている俳優の #高橋英樹 が6月18日、ブログで懐かしい列車の写真を公開し、ファンの注目を集めている。

高橋が公開したのは東京・上野駅と北海道の札幌を結んでいた寝台特急「カシオペア」。尾久駅の隣にある尾久車両センターに留置されているカシオペアの写真を尾久駅のホームから撮影し、ブログで公開したようだ。これに鉄道ファンから「さすがは十津川警部」「鉄道に関する引きの強さはすごい」との声が上がった。

「カシオペアが定期運行していたのは16年3月まで。以降は『カシオペアクルーズ』や『カシオペア紀行』として不定期で運行されています。ですので、列車を見るのは難しいんです。翌日の19日に上野発青森駅着の『カシオペア紀行』が運行されるので、尾久駅のすぐ横の線路に置かれていたんですね。いつもここにいるわけではないので、高橋さんはかなりラッキーだったといえるでしょう」(鉄道ライター)

尾久駅は東京都北区にあるJR東北本線の駅で、停車するのは宇都宮線と高崎線の列車だけ。駅周辺はあまり開発されておらず、上野駅の隣とは思えない静かな駅だ。降りたことがないどころか、駅の存在自体を知らない人も多いことだろう。そんな駅になぜ大スターの高橋がいたのか。高橋によると、プライベートオフィススタッフが尾久駅の近所にいるのだという。

「これも高橋と鉄道を結ぶ不思議な縁と言えますね。さらにもうひとつ高橋の鉄道運のよさを証明することがあります。カシオペアの客車といっしょに機関車が写っているのですが、この機関車がすごい。『国鉄EF81形電気機関車』の81号機で、2回もお召し列車を牽引しているんです。EF81-81号機なので鉄道ファンの間では『パイパイ』と呼ばれ、レアな機関車扱いされています」(前出・鉄道ライター)

やはり十津川警部こと高橋英樹の鉄道運はすごすぎる。

#十津川警部 #高橋英樹 #ブログ #カシオペア


さすが十津川警部!高橋英樹の「鉄道運」がすごすぎるッ

関連記事

訪日メディア「MATCHA」、日・英・繁体字目線で日本文化を発信する特集「映える日本鉄道」を7月26日にリリース

川崎重工、ニューヨーク市交通局向け新型地下鉄電車「R211」を納入

クレーン・ホイストの市場規模、2026年に330億米ドル到達予測

【乗車レポ】京成3100形で印旛車両基地へ……北総車両が集う見学ツアー

秋田県とJR東日本、秋田新幹線新仙岩トンネルを推進 – 覚書を締結

岡山にグランピング施設「せとうちグランピング」瀬戸内の多島美を望む癒しのアウトドア空間