年季が入った木棚に、ずらりと並んだ切符。乗客が買い求めるたびに、昔ながらの改札鋏(かいさつばさみ)で駅員が切り込みを入れる。パチン——。多比良(たいら)駅(長崎県雲仙市)の小さな駅務室に、小気味よい音が響き渡る。

島原鉄道では「硬券」と呼ばれる切符が今も残る。縦2センチ、横5センチほどの厚紙に発行駅や乗車区間、金額を印刷。六つの有人駅で販売し、このうち多比良駅では各駅への乗車券や入場券など約20種類を扱っている=写真=。

かつては全国の鉄道会社で使われたが、自動改札機の普及などで徐々に姿を消した。収集のため、関東など遠方から足を運ぶ鉄道ファンもいるという。

硬券と知らずに購入し、家族で興味深そうに見入る観光客の姿も。駅員の安藤良子さん(59)は「地元では当たり前だけど、旅行で来た人には珍しいんですね。味があっていいでしょ」と笑った。

#乗客 #改札 #駅員 #長崎県


「硬券」頑固に現役…島原鉄道

関連記事

『2k540』に、老舗国産細巾織物ベルトブランド『PEACH BRAND』1号店 2021年10月23日(土)オープン!

リニア・鉄道館で展示「国鉄バス第1号車」国の重要文化財に指定へ

名鉄2000系の臨時特急「うつみ」「名鉄名古屋」11/23に2往復運転へ

九州鉄道博物館で展示「キハ四二〇五五号気動車」国の重要文化財に

JR九州「36ぷらす3」運行開始1周年、門司港駅でD&S列車“共演”も

京王電鉄5000系「Mt.TAKAO号」ロゴ行先表示を初披露、撮影会を開催