21日から本格的に新型コロナワクチンの職場接種が始まりました。鉄道各社も続々と接種を進めています。

JR東日本は21日から、東京と仙台の2つの会場で職場接種を始めました。21日は乗務員や運行指令の担当者などあわせておよそ250名が接種したということです。今後は、輸送確保に必要な社員などから1日300人程度に接種を進め、年内には対象となる2万2000人に2回の接種を完了する予定だということです。

「安心感が得られますので、安全安定輸送にいかしていきたい」(接種した乗務員)

同じく21日、職場接種を始めた東急グループでは、鉄道事業の従業員だけではなくグループ会社のスーパーや介護サービス、学童保育などのスタッフにも接種を進めています。

「高齢者施設で働いているので、打てて安心はしています」(接種した介護スタッフ)

「施設の中でクラスターが発生してしまうと、預かりが必要なときに預かれなくなるので、早く接種できるというのはすごく安心」(接種した学童保育スタッフ)

「対面で仕事をするエッセンシャルサービスに関わっている従業員が多いので、1分でも早く打てる方法を提示できたことは良かったかなと」(東急株式会社 三宅慎一課長)

東急グループでは、エッセンシャルワーカーや接客業務にあたる従業員からパートやアルバイトも含め1日に100人程度接種を進めるということです。(21日15:12)

#接種 #職場 #東急 #スーパー


鉄道各社も職場接種続々 東急はスーパーや介護の従業員にも接種進める

関連記事

訪日メディア「MATCHA」、日・英・繁体字目線で日本文化を発信する特集「映える日本鉄道」を7月26日にリリース

川崎重工、ニューヨーク市交通局向け新型地下鉄電車「R211」を納入

クレーン・ホイストの市場規模、2026年に330億米ドル到達予測

【乗車レポ】京成3100形で印旛車両基地へ……北総車両が集う見学ツアー

秋田県とJR東日本、秋田新幹線新仙岩トンネルを推進 – 覚書を締結

岡山にグランピング施設「せとうちグランピング」瀬戸内の多島美を望む癒しのアウトドア空間