20日午後3時15分頃、鹿児島県出水市野田町下名の肥薩おれんじ鉄道・野田郷—折口駅間で上り普通列車(1両)が走行中、運転士が線路内に子ども2人がいるのに気づき、ブレーキをかけたが間に合わずに接触した。

県警出水署の発表によると、同市の男児(4)が背中を打ち軽傷。もう1人の男児(3)も病院に搬送されたが、命に別条はないという。同署が線路内に2人が入った経緯を調べている。事故の影響で出水—川内駅間で約1時間半にわたって列車の運行を見合わせた。

事故後、現場に駆けつけた女性(73)は「(4歳児が)列車の前でうずくまり、泣きじゃくっていたので、腕をさすってあげた。(驚いて)動悸(どうき)が止まりません」と話していた。

#ブレーキ #田町 #走行


線路内に子ども2人、ブレーキ間に合わず接触…駆けつけた女性「うずくまり泣きじゃくっていた」

関連記事

鉄道技術展2021 – 近畿車輛、車載製品やVR用いた設計検証など紹介

レトロ気動車が続々集結 「気動車博物館」の様相の小湊鉄道&いすみ鉄道

JR西日本、きのくに線サイクルトレイン本実施へ – 利用時間も拡大

JR北海道「ラベンダー編成」の特急「北斗」12/4から世界遺産PR実施

「JR東日本駅たびコンシェルジュ」12/1開業イベントで列車から中継

東京モノレール「キキ&ララ モノレール」2編成目を公開