20日午後3時15分頃、鹿児島県出水市野田町下名の肥薩おれんじ鉄道・野田郷—折口駅間で上り普通列車(1両)が走行中、運転士が線路内に子ども2人がいるのに気づき、ブレーキをかけたが間に合わずに接触した。

県警出水署の発表によると、同市の男児(4)が背中を打ち軽傷。もう1人の男児(3)も病院に搬送されたが、命に別条はないという。同署が線路内に2人が入った経緯を調べている。事故の影響で出水—川内駅間で約1時間半にわたって列車の運行を見合わせた。

事故後、現場に駆けつけた女性(73)は「(4歳児が)列車の前でうずくまり、泣きじゃくっていたので、腕をさすってあげた。(驚いて)動悸(どうき)が止まりません」と話していた。

#ブレーキ #田町 #走行


線路内に子ども2人、ブレーキ間に合わず接触…駆けつけた女性「うずくまり泣きじゃくっていた」

関連記事

沢口靖子と勝村政信、「縁結びツアー」へ…『鉄道捜査官』3年ぶり最新作

五輪専用「夜行新幹線」はなぜ幻に終わったのか 組織委に懸念された「鉄道ファン」の存在

「ねこトレイン」登場 「猫遺産」企画第2弾 平成筑豊鉄道

JR西日本ダイヤ改正、越美北線の下り始発列車は3時間以上の繰下げ

JR西日本ダイヤ改正、快速「とっとりライナー」一部を普通列車に

沢口靖子「鉄道捜査官」最新作に“あの定番人物が不在?”異変にザワザワ