JR西日本は、列車ごと、号車ごとの混雑状況をリアルタイムに提供するサービスを関西で初めて開始すると発表した。

大阪環状線・JRゆめ咲線(桜島線)の車両323系

同社はこれまで、時差通勤促進の取組みとして、線区ごとに時間帯別の混雑状況の傾向を前週の実績データをもとに案内していた。今回新たに、列車に搭載した「モニタ状態監視装置」から走行位置や乗車率、車内温度などのデータを地上に伝送することとした。このデータを一般の人が利用できる情報に加工し、リアルタイムに情報提供を行う。

サービスの対象となる列車は、大阪環状線・JRゆめ咲線(桜島線)を走行する323系の普通列車。JR西日本の移動生活ナビアプリ「WESTER」内に設ける新コンテンツ「環状ライブ」を通して情報を提供する。列車ごと、号車ごとの混雑状況や車内温度、列車走行位置、遅延状況がリアルタイムに確認できるほか、弱冷車や女性専用車、車いす・ベビーカースペースの位置といった車両設備情報も確認できるという。

今後は利用状況やシステムの整備状況を踏まえ、2022年春頃を目安に、JR京都線・JR神戸線など他の線区への展開も計画するとしている。

#JR西日本 #電車


JR西日本、323系の普通列車でリアルタイムな混雑状況の提供を開始

関連記事

緊急事態宣言発令でも人の流れ活発化 航空、鉄道予約増

近鉄「ありがとう 12200系特急 ラストラン乗車ツアー」延期が決定

『ナニコレ珍百景』に“鉄オタ”が猛ツッコミ!「解説間違ってないか?」

「鉄道車両用ワイヤーハーネスの世界市場:用途別、ケーブルタイプ別2026年予測」市場調査レポート発行

新幹線との差を認めて自主開発を断念、「これが中国高速鉄道の成功の秘訣だった=中国

炭鉱電車、最後の雄姿…警笛鳴らしながらラストラン