JR北海道は、2020年度に発生したシカやクマと列車の衝突件数が発足以来最も多かったと発表した。シカとの衝突は過去6年間1,700~1,800件台で推移していたが、2020年度は各線区がおおむね増加傾向となり、年間の発生件数は2,414件に跳ね上がったという。クマとの衝突も過去6年間20~30件台で推移していたが、2020年度は年間56件に急増した。

宗谷本線の普通列車

列車がシカと衝突した場合は、乗務員が運行に支障のない線路外にシカを除去し、列車は運転を再開する。その後、関係箇所から連絡を受けた保線社員が現地に向かい、衝突したシカを回収する。一方、クマと衝突した際は安全確保のため降車せず、車両の中から現地状況を確認し、車両に異状がなければ運転を再開する。その後、付近に仲間のクマも生息している可能性があるため、ハンターを手配した上で衝突したクマの回収に向かうという。

シカの場合、衝突してから除去作業までに約3時間から半日程度を要するが、夜間など作業完了までに時間を要する場合は1日以上かかる場合もあるとしている。

#JR北海道


JR北海道、シカやクマとの衝突件数が増加 – 2020年度は過去最多に

関連記事

緊急事態宣言発令でも人の流れ活発化 航空、鉄道予約増

近鉄「ありがとう 12200系特急 ラストラン乗車ツアー」延期が決定

『ナニコレ珍百景』に“鉄オタ”が猛ツッコミ!「解説間違ってないか?」

「鉄道車両用ワイヤーハーネスの世界市場:用途別、ケーブルタイプ別2026年予測」市場調査レポート発行

新幹線との差を認めて自主開発を断念、「これが中国高速鉄道の成功の秘訣だった=中国

炭鉱電車、最後の雄姿…警笛鳴らしながらラストラン