JR東日本大宮支社は、東京2020オリンピック競技大会のゴルフ競技開催期間に合わせて観客の来場が予想されることから、会場最寄り駅である川越線笠幡駅に、7月29日から期間限定で臨時改札口を開設すると発表した。

八高線・川越線八王子~川越間で運転される普通列車

川越線笠幡駅の臨時改札口は駅前広場に隣接する位置に設置され、7月29日から8月1日までと8月4~7日の期間、始発から18時頃まで開設。競技が中止となる8月2・3日は開設されない。臨時改札口にはチャージ専用の券売機が2台と簡易ICカード改札機(出場専用5台・入場専用5台)の設置が予定されている。

ゴルフ競技開催期間は利用者が安全かつスムーズに乗降できるように、現行の列車停止位置を高麗川方面へ1両程度移動し、それにともない乗車位置の変更も行われる。乗車位置の変更期間は7月28日始発から8月7日終電までとされている。

#駅 #JR東日本


JR東日本、川越線笠幡駅に臨時改札口を開設 – 列車停止位置も変更

関連記事

太川陽介、“バス旅のプロ”を覆した衝撃の「電車」利用シーンで出たホンネ

京成「まるごと3400形の旅」初代「スカイライナー」の音と走り堪能

鉄道業界に変革起こす?ミライトの5G「実証ラボ」見学会に参加、活用法を探りました【コラム】

くま川鉄道、11月下旬に肥後西村~湯前間運行再開へ – 全線の約7割

相鉄線横浜駅「ガチャの駅 by LaLaLaIST」カプセルトイ自販機108台

中川家・剛 鉄道好きの弟・礼二のためにやらされ続けたこととは…「地獄の週末。跡ついてんねんから」