伊賀鉄道はダイヤ変更を7月3日に実施する。利用者の利便性向上を図るため、上野市発・伊賀神戸行の始発列車の時刻を繰り上げるほか、最終列車の時刻の一部変更、伊賀上野~伊賀神戸間を直通する列車の増便などが行われる。

伊賀鉄道が7月3日にダイヤ変更を行う

上野市発・伊賀神戸行の始発列車は、平日ダイヤ・土日休ダイヤともに現行の5時18分発から5時13分発に繰り上げる。最終列車の時刻も一部変更され、土日休ダイヤの伊賀神戸発・上野市行の最終列車が現行の23時3分発から23時5分発に変更、平日ダイヤの上野市発・伊賀神戸行の最終列車が現行の22時22分発から23時20分発に変更される。

上野市駅で乗換え不要の伊賀上野~伊賀神戸間直通列車の増便も行われ、平日ダイヤの伊賀上野発・伊賀神戸行は現行の15本から17本、伊賀神戸発・伊賀上野行は現行の14本から16本、土日休ダイヤの伊賀上野発・伊賀神戸行は現行の17本から18本、伊賀神戸発・伊賀上野行は現行の16本から17本に増やされる。

上野市発・伊賀神戸行の始発列車時刻を繰り上げる
最終列車の時刻を一部変更
伊賀上野~伊賀神戸間を直通する列車を増便

その他、一部列車において、近鉄線から伊賀鉄道への乗換え時間を現行ダイヤの接続時間より余裕を持たせる時間へ見直しが行われ、伊賀上野~上野市間の運転本数を24往復として、現行より1往復増便させる。利用状況に合わせた時刻調整も行われる。

#ダイヤ改正 #中小私鉄 #三セク #電車


伊賀鉄道、7/3ダイヤ変更 – 上野市発・伊賀神戸行の始発繰上げなど

関連記事

JR西日本、和歌山線粉河~和歌山間で昼間時間帯の一部列車取りやめ

JR西日本ダイヤ改正、新快速&大和路快速は一部区間で運転取りやめ

太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”

国土交通大臣の芸備線「安易に廃線しないで」発言、筆者の懸念は

トキ鉄と銚電が姉妹鉄道提携、人事交流やコラボグッズ販売などで協力

【youtube】スマホで入場券+フリーきっぷ+嬉しい特典も!「東武スカイツリー天望回廊付き東武本線乗り放題デジタルきっぷ」