えちごトキめき鉄道は、JR西日本から譲り受けた国鉄急行形電車413系・455系3両編成を7月4日の8350M列車から営業運転に入れる。

えちごトキめき鉄道 鳥塚亮社長 ブログによれば、この413系・455系(クモハ413-6、モハ412-6、クハ455-701)は急行列車に入れる見込みで、列車内での飲食や、車内販売も想定したトレーニングも行っているという。

また6月29日には、株主などを乗せ、糸魚川と直江津の間で試運転列車を走らせる。試9638Mは、直江津11:05発 糸魚川11:40着。試9633Mは糸魚川12:01発 直江津12:33着。

———鉄道車両には、クルマの車検と似た、法令で定められた検査、重要部検査や台車検査、全般検査などがある。

今回、えちごトキめき鉄道が受け入れた413系・455系は、2022年に大がかりな全般検査の受検期をむかえることから、運行期間は2022年度までとしている。

同社は全検を通すか否かについては、今後の利用状況などをみて検討するという。

◆えちごトキめき鉄道、クハ455-701を受領
https://tetsudo-ch.com/11291311.html

◆青森→金沢 14時間、特急いなほ&架線下DCで《青森〜下関を日本海沿い在来線で行く旅…新幹線なら9時間》
https://tetsudo-ch.com/11529705.html

(画像はえちごトキめき鉄道 鳥塚亮社長ブログから引用)

#トキ #営業 #JR西日本 #国鉄


えちごトキめき鉄道 413系 455系 3両編成、7月4日から営業運転

関連記事

緊急事態宣言発令でも人の流れ活発化 航空、鉄道予約増

近鉄「ありがとう 12200系特急 ラストラン乗車ツアー」延期が決定

『ナニコレ珍百景』に“鉄オタ”が猛ツッコミ!「解説間違ってないか?」

「鉄道車両用ワイヤーハーネスの世界市場:用途別、ケーブルタイプ別2026年予測」市場調査レポート発行

新幹線との差を認めて自主開発を断念、「これが中国高速鉄道の成功の秘訣だった=中国

炭鉱電車、最後の雄姿…警笛鳴らしながらラストラン