えちごトキめき鉄道は、JR西日本から譲り受けた国鉄急行形電車413系・455系3両編成を7月4日の8350M列車から営業運転に入れる。

えちごトキめき鉄道 鳥塚亮社長 ブログによれば、この413系・455系(クモハ413-6、モハ412-6、クハ455-701)は急行列車に入れる見込みで、列車内での飲食や、車内販売も想定したトレーニングも行っているという。

また6月29日には、株主などを乗せ、糸魚川と直江津の間で試運転列車を走らせる。試9638Mは、直江津11:05発 糸魚川11:40着。試9633Mは糸魚川12:01発 直江津12:33着。

———鉄道車両には、クルマの車検と似た、法令で定められた検査、重要部検査や台車検査、全般検査などがある。

今回、えちごトキめき鉄道が受け入れた413系・455系は、2022年に大がかりな全般検査の受検期をむかえることから、運行期間は2022年度までとしている。

同社は全検を通すか否かについては、今後の利用状況などをみて検討するという。

◆えちごトキめき鉄道、クハ455-701を受領
https://tetsudo-ch.com/11291311.html

◆青森→金沢 14時間、特急いなほ&架線下DCで《青森〜下関を日本海沿い在来線で行く旅…新幹線なら9時間》
https://tetsudo-ch.com/11529705.html

(画像はえちごトキめき鉄道 鳥塚亮社長ブログから引用)

#トキ #営業 #JR西日本 #国鉄


えちごトキめき鉄道 413系 455系 3両編成、7月4日から営業運転

関連記事

名鉄2000系の臨時特急「うつみ」「名鉄名古屋」11/23に2往復運転へ

九州鉄道博物館で展示「キハ四二〇五五号気動車」国の重要文化財に

JR九州「36ぷらす3」運行開始1周年、門司港駅でD&S列車“共演”も

京王電鉄5000系「Mt.TAKAO号」ロゴ行先表示を初披露、撮影会を開催

昭和レトロな温泉銭湯玉川温泉×秩父鉄道。文化の日に「SL昭和レトロ号」を運行します

JR東日本、電気機関車EF64形37号機の運転台操作体験&撮影会を開催