JR予讃線の新居浜、伊予西条両駅が21日、開業から100周年を迎える。記念で19、20日に両駅間を初代新幹線0系をイメージした記念列車「鉄道ホビートレイン」が運行。多くの鉄道ファンが集まった。

19日に愛媛県の新居浜駅であった式典でJR四国の西牧世博社長は「これからも鉄道が地域の発展に貢献できるよう取り組んでいく」とあいさつ。午前9時20分、事前予約客30人を乗せた鉄道ホビートレインが同駅を出発した。

丸みのある車体に「団子鼻」が特徴的な1両編成の鉄道ホビートレイン。普段は予土線の宇和島〜窪川(高知県四万十町)間を運行しているが、「新幹線の父」ともいわれた新居浜市生まれの十河信二・元国鉄総裁(1884〜1981年)とのゆかりで、今回初めて東予地域での運転が実現した。

JR四国によると、19、20日に計12回運行。乗車分はすでに満席で、新居浜駅で午前10時半〜11時半ごろ、伊予西条駅で午後0時40分〜1時20分ごろ、車体を展示する。【斉藤朋恵】

#開業 #新幹線 #愛媛県 #JR四国


初代0系風列車でお祝い JR新居浜、伊予西条両駅100年 愛媛

関連記事

『2k540』に、老舗国産細巾織物ベルトブランド『PEACH BRAND』1号店 2021年10月23日(土)オープン!

リニア・鉄道館で展示「国鉄バス第1号車」国の重要文化財に指定へ

名鉄2000系の臨時特急「うつみ」「名鉄名古屋」11/23に2往復運転へ

九州鉄道博物館で展示「キハ四二〇五五号気動車」国の重要文化財に

JR九州「36ぷらす3」運行開始1周年、門司港駅でD&S列車“共演”も

京王電鉄5000系「Mt.TAKAO号」ロゴ行先表示を初披露、撮影会を開催