新国立劇場と京王電鉄は、京王新線初台駅の列車接近メロディーを6月14日から期間限定で「闘牛士の歌」の曲に変更した。

初台駅と新国立劇場

新国立劇場に直結する初台駅では、列車接近メロディーにオペラ・バレエの名曲を使用している。通常、1番ホームはバレエ「眠れる森の美女」より「ガーランド・ワルツ」、2番ホームはオペラ「アイーダ」より「凱旋行進曲」を列車接近メロディーとして流しているという。

6月14日からは、新国立劇場での「カルメン」公演(7月3~19日)に合わせ、同作品で歌われる「闘牛士の歌」を用いることとした。7月31日までの期間限定となる。

#駅 #京王電鉄


京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

関連記事

JR東日本、東北本線本宮駅リニューアル – 12/18から新駅舎使用開始

南海電鉄「ラピート」土休日ダイヤのみ10/30からすべての運転再開

「第7回鉄道技術展2021」「第4回橋梁・トンネル技術展」11月24日(水)〜11月26日(金)幕張メッセ5〜8ホールにて開催

中国で初となる「デュアル・モード」の鉄道車両がラインオフ—重慶市

【木造駅舎カタログ】釜石線03/82 土沢駅

JR東日本の鉄道で好きな路線ランキング! 3位「東北新幹線」、2位「湘南新宿ライン」、1位は?