新国立劇場と京王電鉄は、京王新線初台駅の列車接近メロディーを6月14日から期間限定で「闘牛士の歌」の曲に変更した。

初台駅と新国立劇場

新国立劇場に直結する初台駅では、列車接近メロディーにオペラ・バレエの名曲を使用している。通常、1番ホームはバレエ「眠れる森の美女」より「ガーランド・ワルツ」、2番ホームはオペラ「アイーダ」より「凱旋行進曲」を列車接近メロディーとして流しているという。

6月14日からは、新国立劇場での「カルメン」公演(7月3~19日)に合わせ、同作品で歌われる「闘牛士の歌」を用いることとした。7月31日までの期間限定となる。

#駅 #京王電鉄


京王新線初台駅、列車接近メロディーが期間限定で「闘牛士の歌」に

関連記事

JR西日本、和歌山線粉河~和歌山間で昼間時間帯の一部列車取りやめ

JR西日本ダイヤ改正、新快速&大和路快速は一部区間で運転取りやめ

太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”

国土交通大臣の芸備線「安易に廃線しないで」発言、筆者の懸念は

トキ鉄と銚電が姉妹鉄道提携、人事交流やコラボグッズ販売などで協力

【youtube】スマホで入場券+フリーきっぷ+嬉しい特典も!「東武スカイツリー天望回廊付き東武本線乗り放題デジタルきっぷ」