京浜急行電鉄は15日、1000形新造車両に対して、利用者や沿線住民に親しみを持ってもらうことを目的に、6月16日から愛称を募集すると発表した。

1000形新造車両で運転される「モーニング・ウィング3号」

1000形新造車両は5月6日にデビュー。アフターコロナ時代の新しい通勤スタイルに適した快適な車内環境を提供し、平日は「モーニング・ウィング3号」やエアポート急行での運行、休日は貸切イベント列車など多機能な運用を実現する車両となる。

愛称募集に際し、「京急のイメージ」「京急線沿線のイメージ」「新造車両のイメージ」から想起される愛称とともに、愛称に込めた思いも記載して応募する。その中から最優秀賞1作品と優秀賞4作品を選考し、京急電鉄オリジナルグッズをプレゼント。最優秀賞の作品は掲出用にデザインされ、新造車両の2号車の車体側面に掲出される。

6月16日10時から7月30日まで、京急電鉄の応募サイトにて受け付ける。9月以降、京急電鉄のウェブサイトにて愛称の発表を予定している。

新造車両の側面に愛称を掲出(イメージ)

東京都への緊急事態宣言再発出により、延期となっていた1000形新造車両のデビュー記念乗車券(D型硬券4枚セットで2,000円)の発売も決定した。6月26日7時から京急川崎駅、京急鶴見駅、金沢文庫駅、逗子・葉山駅の4駅で販売される。

#車両新造 #改造 #新型車両 #京急電鉄 #電車


京急電鉄1000形新造車両の愛称募集、デビュー記念乗車券も発売決定

関連記事

『2k540』に、老舗国産細巾織物ベルトブランド『PEACH BRAND』1号店 2021年10月23日(土)オープン!

リニア・鉄道館で展示「国鉄バス第1号車」国の重要文化財に指定へ

名鉄2000系の臨時特急「うつみ」「名鉄名古屋」11/23に2往復運転へ

九州鉄道博物館で展示「キハ四二〇五五号気動車」国の重要文化財に

JR九州「36ぷらす3」運行開始1周年、門司港駅でD&S列車“共演”も

京王電鉄5000系「Mt.TAKAO号」ロゴ行先表示を初披露、撮影会を開催