年季が入った木棚に、ずらりと並んだ切符。乗客が買い求めるたびに、昔ながらの改札鋏(かいさつばさみ)で駅員が切り込みを入れる。パチン——。多比良(たいら)駅(長崎県雲仙市)の小さな駅務室に、小気味よい音が響き渡る。

島原鉄道では「硬券」と呼ばれる切符が今も残る。縦2センチ、横5センチほどの厚紙に発行駅や乗車区間、金額を印刷。六つの有人駅で販売し、このうち多比良駅では各駅への乗車券や入場券など約20種類を扱っている。

かつては全国の鉄道会社で使われたが、自動改札機の普及などで徐々に姿を消した。収集のため、関東など遠方から足を運ぶ鉄道ファンもいるという。

硬券と知らずに購入し、家族で興味深そうに見入る観光客の姿も。駅員の女性(59)は「地元では当たり前だけど、旅行で来た人には珍しいんですね。味があっていいでしょ」と笑った。

#改札 #乗客 #駅員 #長崎県


駅舎に響く懐かしい音、改札鋏で切り込み入れる「硬券」今も活躍…島原鉄道

関連記事

緊急事態宣言発令でも人の流れ活発化 航空、鉄道予約増

近鉄「ありがとう 12200系特急 ラストラン乗車ツアー」延期が決定

『ナニコレ珍百景』に“鉄オタ”が猛ツッコミ!「解説間違ってないか?」

「鉄道車両用ワイヤーハーネスの世界市場:用途別、ケーブルタイプ別2026年予測」市場調査レポート発行

新幹線との差を認めて自主開発を断念、「これが中国高速鉄道の成功の秘訣だった=中国

炭鉱電車、最後の雄姿…警笛鳴らしながらラストラン