JR東日本東京支社は15日、首都圏を走行する電車のメンテナンスを行う東京総合車両センター、電気機関車などのメンテナンスを行う田端運転所を舞台とした車両基地の見学会や車両メンテナンス体験会・車両撮影会を7月の各土曜日(7月10日は除く)に、リモート社会科見学を6月27日に開催すると発表した。

電気機関車の撮影会&所内見学会(田端運転所にて7月3日開催)での撮影車両イメージ

7月3日は田端運転所(田端駅から徒歩約10分)にて、電気機関車の撮影会&所内見学会を開催。9~11時・11~13時の2回行われ、電気機関車の撮影会を約40分間実施するほか、解説付きの車庫見学も予定している。参加費用は6,000円。

7月17日は東京総合車両センター(大井町駅から徒歩約10分)にて、車両メンテナンス体験を開催。10時から11時30分まで、13時から14時30分まで、15時から16時30分までの3回行われる。参加費用は3,500円。

7月24日は東京総合車両センターにて、親子向け工場見学ツアーを開催。10~12時・14~16時の2回行われ、解説付きの場内見学(車両修繕場)と、社員教育設備を用いた運転台操作体験を予定している。参加費用は1組3,500円(大人2,000円・こども1,500円)。

車両メンテナンス体験イメージ
工場見学ツアーイメージ
撮影車両イメージ

7月31日は東京総合車両センターで事業用電車クモヤ143形撮影会を開催。9~11時・12~14時・15~17時の3回行われ、クモヤ143形の撮影会は約60分間の予定。参加費用は5,500円となる。

田端運転所と東京総合車両センターと開催される有料イベントはすべて完全予約制。「東京感動線×TABICA」特設ウェブサイトにて、6月18日15時から申込みを受け付ける。申込みの際、事前に「TABICA」への会員登録が必要で、参加費用の他に「TABICA」のサービス手数料も必要となる。

6月27日の「おやこで楽しく!! リモート社会科見学」は、11時から45分間、東京総合車両センターからの配信が行われる。「Microsoft Teams ライブイベント」を用いたオンライン工場見学会の生中継で、特設ページから事前申込み不要で視聴できる。

#機関車 #鉄道イベント #JR東日本 #電車


JR東日本、電気機関車&事業用電車クモヤ143形の撮影会など7月開催

関連記事

太川陽介、“バス旅のプロ”を覆した衝撃の「電車」利用シーンで出たホンネ

京成「まるごと3400形の旅」初代「スカイライナー」の音と走り堪能

鉄道業界に変革起こす?ミライトの5G「実証ラボ」見学会に参加、活用法を探りました【コラム】

くま川鉄道、11月下旬に肥後西村~湯前間運行再開へ – 全線の約7割

相鉄線横浜駅「ガチャの駅 by LaLaLaIST」カプセルトイ自販機108台

中川家・剛 鉄道好きの弟・礼二のためにやらされ続けたこととは…「地獄の週末。跡ついてんねんから」