12系客車 イメージ

秩父鉄道は2021年7月7日、「電気機関車5重連牽引で行く 12系客車乗車&撮影会ツアー」を実施する。5色に塗装した電気機関車での12系客車牽引、武川駅にて通常では入れない場所で電気機関車が撮影できるなど、珍しい体験ができるツアーとなっている。

運行区間は秩父鉄道 長瀞駅〜武川駅間。当日はお昼ごろに長瀞駅前で受付し、13:51長瀞駅発 14:46武川駅着。到着後、参加者限定で約60分の撮影会を行う。

募集人員は95名。対象年齢は18歳以上で、18歳未満の付き添いはできない。旅行代金は向かい合わせのボックス席を1ボックス1名で使用する場合は10,000円、2名なら1人あたり7,000円。

申込は秩父鉄道ホームページ内WEB受付から。受付期間は6月18日10:00〜30日17:00で、定員に達し次第終了する。参加特典として当日限り有効の「秩父鉄道全線乗り放題特別乗車証」と「ツアー限定5重連電気機関車クリアファイル」が付く。

ツアー限定5重連電気機関車クリアファイル イメージ

鉄道チャンネル編集部
(画像:秩父鉄道)

#塗装


秩父鉄道「電気機関車5重連牽引で行く 12系客車乗車&撮影会ツアー」7月実施 武川駅では通常入れない場所での撮影も

関連記事

「第7回鉄道技術展2021」「第4回橋梁・トンネル技術展」11月24日(水)〜11月26日(金)幕張メッセ5〜8ホールにて開催

中国で初となる「デュアル・モード」の鉄道車両がラインオフ—重慶市

【木造駅舎カタログ】釜石線03/82 土沢駅

JR東日本の鉄道で好きな路線ランキング! 3位「東北新幹線」、2位「湘南新宿ライン」、1位は?

【YouTube】JR北海道、道南いさりび鉄道の五稜郭駅で撮り鉄してみた

ナチス・ドイツ指導者 ヒトラーとドイツ国鉄の「知られざる歴史」をひもとき、独裁国家終焉までの軌道を明らかにする『ナチスと鉄道__共和国の崩壊から独ソ戦、敗亡まで』が発売