神戸市交通局は14日、市営地下鉄西神・山手線の新長田駅でホームドア(可動式ホーム柵)の設置工事に着手すると発表した。1番線ホームは6月14日から9月4日頃まで、2番線ホームは6月14日から10月10日頃まで工事を予定している。

神戸市営地下鉄の車両6000形

神戸市交通局では、駅ホームからの転落や車両との接触事故を防止するため、ホームドア(可動式ホーム柵)を西神・山手線および北神線の全駅で2023度末までに順次設置し、さらなる安全性の向上を図るとしている。

乗降客の最も多い三宮駅でホームドアの設置が完了しており、6月14日から新長田駅でホームドアの設置工事に着手する。なお、新長田駅では大規模リニューアル工事を予定しているが、ホームドア設置工事を先行し、それ以外の工事は2022年初旬頃から開始予定とのこと。ホームドアの設置に合わせ、1・2番線ともにホームと車両の段差・隙間も縮小される。

#ホームドア #駅 #地下鉄


神戸市営地下鉄西神・山手線の新長田駅でホームドア設置工事に着手

関連記事

『2k540』に、老舗国産細巾織物ベルトブランド『PEACH BRAND』1号店 2021年10月23日(土)オープン!

リニア・鉄道館で展示「国鉄バス第1号車」国の重要文化財に指定へ

名鉄2000系の臨時特急「うつみ」「名鉄名古屋」11/23に2往復運転へ

九州鉄道博物館で展示「キハ四二〇五五号気動車」国の重要文化財に

JR九州「36ぷらす3」運行開始1周年、門司港駅でD&S列車“共演”も

京王電鉄5000系「Mt.TAKAO号」ロゴ行先表示を初披露、撮影会を開催