神戸市交通局は14日、市営地下鉄西神・山手線の新長田駅でホームドア(可動式ホーム柵)の設置工事に着手すると発表した。1番線ホームは6月14日から9月4日頃まで、2番線ホームは6月14日から10月10日頃まで工事を予定している。

神戸市営地下鉄の車両6000形

神戸市交通局では、駅ホームからの転落や車両との接触事故を防止するため、ホームドア(可動式ホーム柵)を西神・山手線および北神線の全駅で2023度末までに順次設置し、さらなる安全性の向上を図るとしている。

乗降客の最も多い三宮駅でホームドアの設置が完了しており、6月14日から新長田駅でホームドアの設置工事に着手する。なお、新長田駅では大規模リニューアル工事を予定しているが、ホームドア設置工事を先行し、それ以外の工事は2022年初旬頃から開始予定とのこと。ホームドアの設置に合わせ、1・2番線ともにホームと車両の段差・隙間も縮小される。

#ホームドア #駅 #地下鉄


神戸市営地下鉄西神・山手線の新長田駅でホームドア設置工事に着手

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も