富士急行線「富士山ビュー特急」の車内で一夜を過ごせる企画「ナイトブレイク車両撮影会 in 河口湖駅」が6月26~27日にかけて開催される。通販サイト「富士急のりもの百貨店」にて、6月14日19時から申込みを受け付ける。

富士急行線「富士山ビュー特急」

「ナイトブレイク車両撮影会 in 河口湖駅」は6月26日の22時10分から河口湖駅の改札前にて受付開始。23時20分から1回目の「富士山ビュー特急」車両撮影会(夜間)を開始し、人数が多い場合は2グループに分かれての撮影となる。富士急行線グッズの販売も行われる。

車両撮影会(夜間)の後はフリータイムとなり、翌朝4時20分頃まで「富士山ビュー特急」の車内で休憩できる。安全対策上、0時30分から4時20分まで車内のドアを締め切るため、緊急時を除き車外には出られないとのこと。4時30分から2回目の「富士山ビュー特急」車両撮影会(早朝)を開始し、5時30分に終了予定。車両は7時まで開放される。

定員は最大40名(最少催行人員15名)。1号車をグループで貸し切って利用する場合の参加費は10万円(12名まで)、2・3号車(4席BOXシート)を利用する場合の参加費は1名で1万1,000円、2名で2万円となる。参加特典として記念参加証と富士急行線グッズ、「ハイランドリゾート ホテル&スパ」のホテルメイドパン(軽食)サービスが付く。

#鉄道イベント #中小私鉄 #三セク #電車 #特急列車


富士急行線「富士山ビュー特急」車内で一夜を過ごす企画、撮影会も

関連記事

訪日メディア「MATCHA」、日・英・繁体字目線で日本文化を発信する特集「映える日本鉄道」を7月26日にリリース

川崎重工、ニューヨーク市交通局向け新型地下鉄電車「R211」を納入

クレーン・ホイストの市場規模、2026年に330億米ドル到達予測

【乗車レポ】京成3100形で印旛車両基地へ……北総車両が集う見学ツアー

秋田県とJR東日本、秋田新幹線新仙岩トンネルを推進 – 覚書を締結

岡山にグランピング施設「せとうちグランピング」瀬戸内の多島美を望む癒しのアウトドア空間