北大阪急行電鉄は、7月に運行する「七夕列車」に飾り付ける「願いごと」の募集をインターネット上で開始した。同社は2015年から、千里中央駅ホームに停車させた電車を用いた七夕イベントを開催してきたが、今年は新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、インターネットを介して「願いごと」を募集し、車内に掲出して運行することとした。

北大阪急行電鉄9000形「ポールスター II」
七夕列車装飾イメージと「願いごと」応募用QRコード

募集期間は6月24日まで。応募特典として、歴代の「七夕列車」ヘッドマークを掲出した9000形の写真をダウンロードできる。

集まった「願いごと」は、7月5~18日に運行する「七夕列車」(9000形「ポールスター II」を使用)に中吊りとして掲出する。期間中、同社公式インスタグラムにて、ヘッドマークを掲出した「七夕列車」の車内や走行の様子など動画で配信するという。

#北大阪急行電鉄 #子鉄 #電車


北大阪急行電鉄「七夕列車」に装飾する「願いごと」をウェブで募集

関連記事

鉄道・運輸機構が改革プラン策定、業務改善の取組を加速

凸版印刷、鉄道事業者7社連携によるAIを活用したお客様案内の実証実験に参加

沢口靖子「鉄道捜査官」が3年ぶりに帰ってくる!“SL登場”で気になる展開

「佐賀駅」開業130周年記念!

東急「電車とバスの博物館」B棟を暫定活用したシェアオフィス公開

JR東日本など「とれいゆ つばさ」ワーケーション新幹線の旅を実施