横浜東急REIホテルは6月26日、開業1周年を記念した京急電鉄とのタイアップ企画として、親子向け宿泊イベント「京急ミュージアム貸切プラン ~見て、触れて、楽しもう!~」を開催する。

「京急ミュージアム」
「マイ車両工場」の作品イメージ
宿泊する客室はスタンダードツイン

参加者はホテル近隣の「京急ミュージアム」を訪ね、スタッフの解説を交えながら京急線の「ひみつ」を学ぶ。見学に加え、京急車両デザインの「プラレール」を制作し、専用ボックスに入れて持ち帰ることができる「マイ車両工場」体験も行う。通常は入ることのできない保存車両デハ230形・デハ236号の運転台を見学することもできるという。

ホテルでは、オリジナル包装で駅弁風に仕立てた「濱箱」を特別ディナーとして提供。ビストロチャイナ「アンコール」の名物料理「アンコールよだれ鶏」や、揚げ出しスタイルにした「ハマーボー豆腐 ラスパデューラチーズ」など、「鉄道旅行気分」で楽しめるとのこと。募集人数は親子12組24名。料金は1室2名2万3,000円からとなる。

#京急電鉄 #子鉄 #鉄道博物館 #展示施設 #電車 #鉄道イベント


「京急ミュージアム貸切プラン」横浜東急REIホテルの開業1周年企画

関連記事

「第7回鉄道技術展2021」「第4回橋梁・トンネル技術展」11月24日(水)〜11月26日(金)幕張メッセ5〜8ホールにて開催

中国で初となる「デュアル・モード」の鉄道車両がラインオフ—重慶市

【木造駅舎カタログ】釜石線03/82 土沢駅

JR東日本の鉄道で好きな路線ランキング! 3位「東北新幹線」、2位「湘南新宿ライン」、1位は?

【YouTube】JR北海道、道南いさりび鉄道の五稜郭駅で撮り鉄してみた

ナチス・ドイツ指導者 ヒトラーとドイツ国鉄の「知られざる歴史」をひもとき、独裁国家終焉までの軌道を明らかにする『ナチスと鉄道__共和国の崩壊から独ソ戦、敗亡まで』が発売