小田急電鉄が運営する「ロマンスカーミュージアム」は、開館前・閉館後の館内でウェディングフォトの撮影ができる貸切プラン「ロマンスカーフォトウェディング」の販売を開始すると発表した。

歴代ロマンスカーが並ぶ「ロマンスカーギャラリー」での撮影イメージ

「ロマンスカーフォトウェディング」は、開館時間前後の約2時間、歴代5車種のロマンスカーが並ぶ「ロマンスカーギャラリー」、小田急沿線の街並みを再現した「ジオラマパーク」など、館内の好きな場所で撮影ができるプラン。貸切料金は10万円で、衣装やカメラマンは自前で用意する。施設側に提携ホテルなど紹介してもらうことも可能。相談・申込みはメールで受け付ける。

プランの販売開始に合わせ、6月19・20日の2日間、館長がギャラリーを案内する「ロマンス・ツアー」を開催。展示車両にまつわる「ロマンス」にちなんだ解説を行いつつ、普段は公開していない運転席などにも案内するという。ツアー終了後、「ROMANCECAR MUSEUM CLUBHOUSE」にて、ロマンスカー車内で撮影した参加者のツーショット写真をプリントしたスペシャルドリンクを2杯提供する。

「ジオラマバーク」での撮影イメージ

「ロマンス・ツアー」は夫婦・恋人同士・友人同士など、2人1組で参加できる18歳以上の人が対象。入館料の他に1組4,000円の「乗車料」が必要となる。両日とも11時・13時・15時・17時から30分程度かけて行われ、定員は各回2組。当日、エントランスにて先着順で受け付ける。

#小田急電鉄 #鉄道博物館 #展示施設


「ロマンスカーミュージアム」ウェディングフォト撮影の貸切プラン

関連記事

沢口靖子と勝村政信、「縁結びツアー」へ…『鉄道捜査官』3年ぶり最新作

五輪専用「夜行新幹線」はなぜ幻に終わったのか 組織委に懸念された「鉄道ファン」の存在

「ねこトレイン」登場 「猫遺産」企画第2弾 平成筑豊鉄道

JR西日本ダイヤ改正、越美北線の下り始発列車は3時間以上の繰下げ

JR西日本ダイヤ改正、快速「とっとりライナー」一部を普通列車に

沢口靖子「鉄道捜査官」最新作に“あの定番人物が不在?”異変にザワザワ