静岡鉄道は、1939(大正14)年から1990(平成2)年頃まで砕石運搬貨車として活躍したトコ1号を群馬県吾妻郡中之条町に無償譲渡すると発表した。トコ1号の展示イベントと1000形車両の運転体験を7月10・11日に開催することも発表している。

砕石運搬貨車トコ1号

中之条町では、交流・観光・地域づくりの拠点として「中之条町六合地区産業遺産群」の整備を推進。その一環で、旧太子駅(旧国鉄太子線、1970年営業廃止・1971年廃線)を「日本一の無蓋車公園」として整備し、駅舎・ホームなど復元し、全国各地の無蓋車(車体に屋根のない貨車)を展示している。

トコ1号は貨車の一種で、静岡清水線で砕石運搬のために使用されていたが、新しい保守用車両の導入により使用されなくなったため、長沼車庫で保存されていた。中之条町から譲渡依頼があったことを受け、協力することになったと説明しており、7月頃に長沼車庫からの搬出を予定している。

譲渡に伴うトコ1号・1000形車両展示イベントと1000形車両運転体験は、静岡県内在住者限定で7月10・11日に実施。静岡鉄道の長沼倉庫(長沼駅下車すぐ)を会場に行われ、入場料は無料。両日ともトコ1号と1000形の展示は9時30分から12時まで行われ(各日500名まで)、1000形の車両運転体験は各日10時・13時からの2回行われる(各日20名まで)。

1000形車両運転体験の参加資格は小学校4年生以上(小学生は保護者同伴)。参加費は大人1万円・中学生未満5,000円。事前申込みが必要で、6月14日10時から7月8日までウェブの申込みフォームにて受け付け、定員になり次第、募集は締切となる。

#鉄道車両の引退 #中小私鉄 #三セク #鉄道博物館 #展示施設 #鉄道イベント


静岡鉄道、砕石運搬貨車トコ1号を中之条町に譲渡 – イベントも開催

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も