10日午前8時28分、最初のテスト列車が黒竜江省牡丹江市の牡丹江駅を出発し、一路北へ進み、佳木斯市に向かった。これにより、新たに建設中の牡丹江と佳木斯を結ぶ牡佳高速鉄道の総合試運転とテストが正式にスタートし、全線で重要な検収段階に入った。人民網が伝えた。

牡佳高速鉄道は、現時点で、中国最東端にある高緯度・極寒地の高速鉄道となっている。同高速鉄道が開通し、その運行を開始すると、牡丹江−佳木斯間の鉄道を利用した所要時間は、現在の7時間から2時間以内に短縮される。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

#高速鉄道 #テスト #中国 #極寒


中国最東端に建設中の高緯度・極寒地高速鉄道、総合試運転とテスト始まる—黒竜江省

関連記事

【youtube】岡山県の魅力!井原デニムも!井原鉄道の井原駅でぶらり旅してみた

山陽電気鉄道6000系・5000系「シゴセンゴー」運転、記念ロゴで装飾

2021年8月27日(金)〜28日(土)ローカル鉄道をめぐる旅「九州鉄道記念館と門司港レトロ列車・平成筑豊鉄道を訪ねて」募集開始!

秩父鉄道に乗ってアニメ聖地をめぐろう!7月17日(土)開始『超平和バスターズトレインスタンプラリー』 〜数量限定記念乗車券と記念グッズの発売も!

鉄道のまち大宮『第14回 タムロン鉄道風景コンテスト』私の好きな鉄道風景ベストショット 開催決定

えちごトキめき鉄道の455系・413系「観光急行」7月4日デビュー 運転時刻や乗り方をご紹介