えちごトキめき鉄道は今夏、特別企画「黄昏紀行〜Voyage au coucher du soleil(夕日の旅)〜」を実施する。

観光列車「えちごトキめきリゾート雪月花」に乗車し、日本海に沈みゆく夕日を眺めながら美食を楽しむ、という列車旅だ。

運行日は2021年8月11日(水)で、当日17時20分頃に直江津を出発。市振—糸魚川間で日没を満喫し、19時46分頃に直江津へ戻り、解散という流れ。

車内で提供する食事は、上越市直江津「デザミアンティムBistro Des amis intimes」の地場産食材を使用した三段重。若手シェフが腕を振るうカジュアルフレンチの味を楽しめる。

料金はひとり19,800円(税込)で、6月11日からメール、14日から電話で申込を受け付ける(いずれも21日まで)。今回は先着での受付ではなく抽選制となっており、当選者には6月23日以降にお知らせする。募集人数は30名。

鉄道チャンネル編集部
(画像:えちごトキめき鉄道)

#トキ #日本海 #観光列車 #リゾート


「雪月花」の窓から日本海に沈む夕日を堪能 特別企画「黄昏紀行」8月実施 えちごトキめき鉄道

関連記事

トミーテックから6月発売「ノスタルジック鉄道コレクション」、新シリーズ登場の背景やコンセプトの違いを聞いてきた!

民鉄のコロナによるマイナスは〝東高西低〟 アメリカでは人減らしをちらつかせて支援引き出す【コラム】

えちごトキめき鉄道 413・455系が試運転「越後」ヘッドマーク掲出

NEDOなど、難燃性マグネシウム合金製の鉄道車両構体の長期耐久性能を確認

JR東日本「只見海里」只見線の全線開通50周年を記念し8/29に運行へ

中国の高速鉄道が100メートルの海底を走るように—中国メディア