養老鉄道は7月3日にダイヤ変更を実施する。おもに21~22時台の桑名発・大垣発の一部列車について発車時刻を変更し、桑名駅における近鉄線からの乗換え、大垣駅におけるJR線からの乗換えの利便性向上を図る。

養老鉄道が7月3日にダイヤ変更を実施

桑名発の列車のうち、現行の桑名駅21時27分発、大垣行の列車を同駅21時35分発に変更。現行の桑名駅22時52分発、駒野行の列車を同駅22時57分発に変更する。

大垣発の列車のうち、現行の大垣駅21時51分発、揖斐行の列車を同駅21時53分発に変更。現行の大垣駅21時51分発、桑名行の列車を同駅21時53分発、現行の大垣駅22時12分発、揖斐行の列車を同駅22時13分発にそれぞれ変更する。

その他、一部の区間・列車で運転時刻を変更する予定。ただし、列車の運転本数・運転区間に変更はないとのこと。

#ダイヤ改正 #中小私鉄 #三セク #電車


養老鉄道7/3ダイヤ変更、桑名発・大垣発21~22時台の時刻変更など

関連記事

アムトラック脱線現場

横転したアムトラックの列車

列車脱線、3人死亡

列車脱線、3人死亡=50人超負傷—米西部モンタナ州

JR北海道、2022年春にダイヤ見直し – 廃止方針の7駅が判明

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両20系、近鉄沿線からも期待? 理由は