JR東日本など関東の鉄道・バス事業者69社が加盟する「関東ICカード相互利用協議会」は10日、IC乗車券の利用時に障害者割引の適用を自動的に受けられるサービスを2022年度後半をめどに始めると発表した。関東圏のSuica(スイカ)、PASMO(パスモ)が対象。割引を受けるため障害者手帳を見せる必要がなくなる。
現在は障害者がICカードで鉄道を利用する場合、入場時は改札にタッチするだけで済むが、出場する際には駅員のいる窓口で障害者手帳を見せて手続きをしないと割引を受けられない。使い勝手が悪く、国土交通省などが改善を求めていた。
新サービスの具体的な利用方法などは今後決める。対象エリアは関東圏だが、JR東日本は東北地方や新潟県でも導入する方向で検討する。

#障害者 #関東 #割引 #手帳


障害者手帳、提示不要=22年度、IC乗車券割引—関東圏

関連記事

【youtube駅名思い込み】鉄道アイドルステーション時代にやってしまった大遅刻の話をします!

京都鉄道博物館「丹後くろまつ号」「○○のはなし」車内公開も予定

JR九州の博多駅オンラインツアー、駅長・副駅長が歴史と魅力を紹介

「大阪メトロ」南海電鉄など他社線との磁気連絡定期券を販売終了へ

広島市内の路面電車など「ITS Connectシステム」実証実験、結論は

JR貨物が車両管理システムを改修、荷役機械の管理も – 6月から運用