障害を持つ人が鉄道やバスを使う際、障害者手帳を見せなくてもICカードをかざすだけで割引が受けられるようになります。

障害者が公共交通機関を利用する際には割引が設定されていますが、関東の多くの鉄道やバスでは毎回、障害者手帳の提示が求められています。

東京オリンピック・パラリンピックに向けて障害者の快適な移動を求める声が高まったことから、関東でICカードを導入する交通機関からなる団体は10日、障害者手帳を見せることなくICカードをかざすだけで割引を受けられるサービスを開始すると発表しました。サービスは来年度後半から開始する予定で、鉄道やバスなど69の事業者で開始するということです。(10日14:37)

#障害 #障害者 #割引 #バス


鉄道・バス ICカードで障害者割引適用へ

関連記事

日本人の南極上陸110年 鉄道技術が極地での挑戦を支える側面も

「硬券」頑固に現役…島原鉄道

「そうだ 京都、行こう。」“花と水”をテーマとした新キャンペーンを展開

「小田急まなたび鉄道倶楽部」発足!鉄道の魅力を発見する小田急線ツアーをお届けします!「小田急線を親子で学ぶ体験ツアー」3つのプログラムを開催

夏休み企画!親子で楽しめる全7回の体験プログラム・アクティビティ「小田急グループ 親子体験イベント2021」を開催

リニア・鉄道館、夏のイベント開催 – 超電導リニアの模型作成など