障害を持つ人が鉄道やバスを使う際、障害者手帳を見せなくてもICカードをかざすだけで割引が受けられるようになります。

障害者が公共交通機関を利用する際には割引が設定されていますが、関東の多くの鉄道やバスでは毎回、障害者手帳の提示が求められています。

東京オリンピック・パラリンピックに向けて障害者の快適な移動を求める声が高まったことから、関東でICカードを導入する交通機関からなる団体は10日、障害者手帳を見せることなくICカードをかざすだけで割引を受けられるサービスを開始すると発表しました。サービスは来年度後半から開始する予定で、鉄道やバスなど69の事業者で開始するということです。(10日14:37)

#障害 #障害者 #割引 #バス


鉄道・バス ICカードで障害者割引適用へ

関連記事

JR東日本「485系ジパング ファン感謝デー」盛岡車両センターで開催

国内線の一部欠航=西日本、鉄道も運休—台風14号

JR東日本E4系「Max」盛岡駅新幹線ホームで車内見学会 – 10/9開催

JR東日本、相模線E131系11/18デビュー! 2021年度中に12編成を導入

南田裕介さんらが奈良の鉄道を語る「スペシャルトークイベント」オンライン開催へ

【養老鉄道】「西大垣駅・大垣市景観遺産指定記念フリーきっぷ」「ようてつツボ押し棒」を発売します!