JR西日本グループのJR西日本不動産開発は、山陽新幹線小倉駅高架下でリニューアル工事を進めていた「ビエラ小倉」の3階カフェ・物販ゾーンを6月30日に先行オープンすると発表した。

「ビエラ小倉」3階カフェ・物販ゾーンイメージ

「ビエラ小倉」は、2000年に「小倉ひまわり通り」として開業し、2012年のリニューアル以降、「小倉エキナカひまわりプラザ」として営業してきた商業ゾーン。今回のリニューアルにともない、九州初の「ビエラ」ブランドの商業施設に生まれ変わる。

新幹線改札前の立地を生かしたコンビニ・土産店舗に加え、調剤薬局併設のドラッグストア、ベーカリー&カフェゾーン、テイクアウトも楽しめる食物販ゾーンなど、新たなテナントが出店する予定だという。

「ビエラ小倉」新幹線改札前3階入口イメージ

3階カフェ・物販ゾーンの16店舗は6月30日に先行オープン。当日は10時20分から関係者によるテープカットを行い、11時から営業を始める。通常の営業時間は9~21時。全館開業は7月末を予定しており、1・2階と合わせて全32店舗が入居する予定となっている。

#新幹線 #駅 #JR西日本


山陽新幹線小倉駅「ビエラ小倉」カフェ・物販ゾーンが先行オープン

関連記事

【遠州鉄道】地上14階建て、総戸数39戸の新築分譲マンション「ブライトタウン浜松ザ・フロント」7/3よりプロジェクト発表会開催決定。来場予約受付開始。

【youtube駅名思い込み】鉄道アイドルステーション時代にやってしまった大遅刻の話をします!

京都鉄道博物館「丹後くろまつ号」「○○のはなし」車内公開も予定

JR九州の博多駅オンラインツアー、駅長・副駅長が歴史と魅力を紹介

「大阪メトロ」南海電鉄など他社線との磁気連絡定期券を販売終了へ

広島市内の路面電車など「ITS Connectシステム」実証実験、結論は