JR四国は7月10・11日、JR多度津工場の登録有形文化財を特別に公開するツアーを実施する。同工場の大規模な設備更新にともない取壊しが予定されている文化財建造物7棟を特別に公開し、産業遺産学会の案内人と巡るツアーとなる。

多度津駅がツアーの集合・解散場所となる

1888(明治21)年に建築され、現役の作業場として使われている「職場15号」、旧西条海軍航空隊の格納庫を移築した「会食所1号」など、歴史ある建物を往時の雰囲気を楽しみながら見学する。江戸時代から栄えた多度津の中心部に残る町家や蔵屋敷などを地元ガイドと巡る「伝統的街並み散策」も行う。

多度津京極藩家老の武家屋敷をリノベーションした「度津藩武家屋敷 家中舎」で昼食となり、ていねいに手をかけた海・山・畑の素材をワンプレートに添えた茶懐石料理が提供される。

ツアー名は「なつかし多度津のまち歩きとJR多度津工場内登録有形文化財特別公開」。7月10・11日の両日とも日帰りで、多度津駅に10時30分集合・16時20分頃解散の予定。旅行代金は1人5,800円(多度津駅発着の場合)。JR四国の旅の予約センター、各ワープ支店、駅ワーププラザと「JR四国ツアー」サイトで販売している。

#JR四国 #鉄道イベント


JR四国、JR多度津工場の登録有形文化財を特別公開する日帰りツアー

関連記事

日本人の南極上陸110年 鉄道技術が極地での挑戦を支える側面も

「硬券」頑固に現役…島原鉄道

「そうだ 京都、行こう。」“花と水”をテーマとした新キャンペーンを展開

「小田急まなたび鉄道倶楽部」発足!鉄道の魅力を発見する小田急線ツアーをお届けします!「小田急線を親子で学ぶ体験ツアー」3つのプログラムを開催

夏休み企画!親子で楽しめる全7回の体験プログラム・アクティビティ「小田急グループ 親子体験イベント2021」を開催

リニア・鉄道館、夏のイベント開催 – 超電導リニアの模型作成など