しなの鉄道は8日、長野県佐久地域振興局(長野県佐久市)と連携し、2021年秋頃から「星空ラッピングトレイン」を運行開始すると発表した。長野県佐久地域振興局により、愛称の募集が6月9~30日の期間に実施される。

「星空ラッピングトレイン」は「浅間山」「パラボラアンテナ」「八ヶ岳」をデザイン

「星空ラッピングトレイン」は、「佐久地域の美しい星空と自然」をPRし、県内外の多くの観光客に来てもらうことを目的として運行される。車両デザインは、北に浅間山、南に八ヶ岳を望む佐久地域から見える星空をイメージし、紺色のボディに映える赤から紫のグラデーションと星のきらめきを基調としたデザインで、パラボラアンテナや浅間山・八ヶ岳の稜線で佐久地域を表現した。

愛称の募集にあたり、「愛称に込められた理由や想い」も応募内容に含まれ、「美しい星空など佐久地域の特徴がイメージできる」「幅広い世代の方に愛され、親しみやすい」愛称を希望している。「親しみやすく、佐久地域らしい素敵な愛称をお待ちしています」とのこと。6月9~30日(必着)の応募期間中、電子申請(ウェブの愛称申込フォーム)、FAX、郵送、しなの鉄道の小諸駅、御代田駅・軽井沢駅に設置された応募箱にて受け付ける。

「星空ラッピングトレイン」は3両編成の1編成をラッピングし、秋頃から軽井沢~妙高高原間(しなの鉄道線、JR信越本線、北しなの線)での運行を予定している。

#車両新造 #改造 #中小私鉄 #三セク #電車


しなの鉄道「星空ラッピングトレイン」秋頃から運行 – 愛称を募集

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も