JR東日本は8日、台風や低気圧に伴う記録的大雨が頻繁に発生するなど、鉄道を取り巻く気象環境が厳しさを増していることを受け、新幹線の安全安定輸送を確保していくため、今後見込まれる土砂災害発生リスクに対する取組みについて発表した。

東北新幹線E5系

JR東日本の新幹線の大部分は、橋りょう・高架橋、トンネルなど降雨による災害を受けにくい設備を中心に構成されているが、気象条件の悪化で降雨の影響を受ける盛土や切取のり面が一部あるほか、線路に近接する自然斜面も存在している。今後見込まれる土砂災害発生リスクに対し、「異常気象に対応した運転規制の追加導入」「降雨防災対策の実施」といった取組みにより、改めて新幹線の安全安定輸送を確保していく。

異常気象に対応した運転規制は、気象レーダーで線路沿線の降雨量を観測し、降雨量が数十年に一度発生するような規模の雨量に達した場合に列車の運転を一時見合わせる運転規制。2020年8月から追加導入し、従来の雨量計による運転規制と合わせ、記録的もしくは局地的な大雨などに対し、より的確な運転規制を行うことを可能とした。

降雨防災対策として、新幹線区間の盛土・切取のり面および自然斜面を改めて点検し、記録的大雨などによる線路内への土砂流入や土砂流出の恐れがある約200カ所に対して、今年度から降雨防災対策工事を実施する。対策対象線区はJR東日本管内の東北・上越・北陸新幹線。2021~2023年度にかけて行われる。

#新幹線 #JR東日本 #鉄道技術 #電車


JR東日本、新幹線に対する降雨防災の取組み – 安全安定輸送を確保

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も