JR東日本高崎支社は6月26・27日の2日間、群馬県嬬恋村のキャベツを吾妻線の普通列車で輸送し、高崎駅で販売する取組みを実施する。

群馬県嬬恋村で収穫した夏キャベツを普通列車で輸送し、高崎駅で販売する取組みを実施

この取組みは、6月末まで開催される「群馬アフターデスティネーションキャンペーン with 埼玉」に合わせて企画された。嬬恋村で収穫した夏キャベツを普通列車で大前駅から高崎駅まで運び、高崎駅改札外コンコースで行われる「ぐんま駅ナカ物産展」にて販売する。

キャベツを積んだ列車は高崎駅に9時11分に到着。高崎駅改札外コンコースで10時から販売開始し、売り切れ次第、終了となる。

#JR東日本 #電車


JR東日本、嬬恋村の夏キャベツを吾妻線の普通列車で輸送する取組み

関連記事

緊急事態宣言発令でも人の流れ活発化 航空、鉄道予約増

近鉄「ありがとう 12200系特急 ラストラン乗車ツアー」延期が決定

『ナニコレ珍百景』に“鉄オタ”が猛ツッコミ!「解説間違ってないか?」

「鉄道車両用ワイヤーハーネスの世界市場:用途別、ケーブルタイプ別2026年予測」市場調査レポート発行

新幹線との差を認めて自主開発を断念、「これが中国高速鉄道の成功の秘訣だった=中国

炭鉱電車、最後の雄姿…警笛鳴らしながらラストラン