JR東日本高崎支社は、列車と動物との衝突による輸送障害低減に向けた対策として、現在実施している取組みについて発表した。

鹿忌避音装置の車両装着イメージ

高崎支社管内では、列車と動物との衝突による輸送障害が2020年度に82件発生。中でも上越線と八高線で多く発生し、その多くを鹿が占めているという。対策としては、列車から犬の鳴き声と咆哮を組み合わせた忌避音を吹鳴することで、沿線にいる鹿の逃走を促進する鹿忌避音装置を開発し、八高線の折原~竹沢間・小川町~明覚間で使用している。

2020年からは、動物の線路への侵入防止を目的に、動物の嫌がる匂いを含んだ忌避剤(マリンスター)を線路沿線に散布して忌避行動を促している。2020年3・11月に八高線の折原~竹沢間・小川町~明覚間の一部区間で散布したほか、2021年1月に上越線の土合駅から湯檜曽駅までの一部区間でも散布を行った。天候や周辺環境にもよるが、1回の散布で2~3カ月程度の効果を見込んでいるという。

忌避剤散布(八高線)

高輝度青色LEDの発光と、6つのスピーカーから動物の嫌う音を発することで、線路内への侵入を防ぐ忌避装置「害獣王」の設置も行われている。2019年11月に上越線の湯檜曽駅から土合駅間までの区間に2台、2020年3月に吾妻線の川原湯温泉駅構内に1台を設置した。

#JR東日本 #気動車 #鉄道技術 #電車


JR東日本、八高線・上越線で動物との衝突回避に向けた取組みを実施

関連記事

太川陽介、“バス旅のプロ”を覆した衝撃の「電車」利用シーンで出たホンネ

京成「まるごと3400形の旅」初代「スカイライナー」の音と走り堪能

鉄道業界に変革起こす?ミライトの5G「実証ラボ」見学会に参加、活用法を探りました【コラム】

くま川鉄道、11月下旬に肥後西村~湯前間運行再開へ – 全線の約7割

相鉄線横浜駅「ガチャの駅 by LaLaLaIST」カプセルトイ自販機108台

中川家・剛 鉄道好きの弟・礼二のためにやらされ続けたこととは…「地獄の週末。跡ついてんねんから」