小田急電鉄は、現役の特急ロマンスカー運転士が描いた絵本『ひとりじゃないよ』を6月14日に発売する。全ページを通じ、色鉛筆とクーピーペンシルを使った親しみやすい色彩と優しいタッチで描かれた作品となっている。

絵本『ひとりじゃないよ』表紙

『ひとりじゃないよ』は、小さなこどもの心の成長と、それに寄り添うロマンスカーをテーマに、家族の絆を描いた物語。自身の誕生日なのに、妹が生まれたために両親からかまってもらえず、すねている男児「おっくん」が主人公。「おっくん」を見かねた「ロマンスカー・LSE」が彼を連れ出し、旅の中で「おっくん」は大切なことに気づいていく。

著者の小林理絵さんは絵本専門士の資格を持ち、運転士を務める傍ら、絵本の読み聞かせなどこどもたちの読書推進活動に携ってきたという。「お客さまサービスの拡充」に向けた社内のアイデアコンテストに応募し、執筆活動に取り組んだ。

A4変形(21cm×21cm)、32ページで価格1,100円。新宿・和泉多摩川と「ロマンスカーミュージアム」の「TRAINS」各店と「TRAINS」オンラインショップ、全国の書店で取り扱う。なお、発売に先立ち、6月12・13日に「ロマンスカーミュージアム」内で限定先行販売(予約制)を実施。6月12日には、著者本人が購入者に絵本を手渡しするとのこと。

#小田急電鉄 #子鉄 #鉄道番組 #映像作品 #書籍 #電車


小田急ロマンスカーの運転士が描いた絵本『ひとりじゃないよ』発売

関連記事

沢口靖子「鉄道捜査官」最新作に“あの定番人物が不在?”異変にザワザワ

沿線住民に「愛されている」路線ランキング! 3位「埼玉高速鉄道線」、2位「北総鉄道北総線」、1位は千葉県の……?

不死鳥「ひのとり」で新幹線に挑む、近畿日本鉄道・名阪特急の歴史がすごい

張吉懐高速鉄道、通電走行テストを開始—中国

山村紅葉はどっちの役?沢口靖子「鉄道捜査官」ファン注目の「意外ポイント」

JR西日本「etSETOra(エトセトラ)」10/2から復路も呉線経由で運行へ