JR西日本は2日、大阪環状線60周年を記念し、オリジナルデザインのロゴマークなどを装飾した列車の運行と、大阪環状線の歴史をひもとく駅構内展示を6月11日から実施すると発表した。

323系の前面ガラス部に掲出する装飾デザイン
323系の前面上部に掲出する装飾デザイン

JR西日本では、大阪環状線の開業60周年を契機に、地域住民とも連携しつつ大阪環状線の歴史や大阪のまちの魅力を発信し、より多くの人に笑顔になってもらう取組みを展開している。その一環で装飾列車の運行と駅構内展示が実施される。

装飾列車は大阪環状線・JRゆめ咲線(桜島線)を運行する323系2編成を使用。オリジナルデザインのロゴマークなど装飾し、6月11日から12月下旬まで運行する。

323系への掲出イメージ

駅構内展示は大阪環状線の主要駅(大阪駅、京橋駅、鶴橋駅、天王寺駅、新今宮駅、西九条駅など)で実施し、大阪環状線の歴史を振り返るポスターを6月11日から12月下旬まで掲出する。ポスターでは大阪環状線の開業の歩み、大阪環状線を走行する歴代車両が紹介される。その他、今回の企画を紹介する特設Wウェブサイトを「JRおでかけネット」に6月下旬から12月下旬まで開設。大阪環状線の歴史や関連企画など閲覧できる。

#JR西日本 #電車


JR西日本323系、大阪環状線60周年記念のロゴマーク装飾 – 6/11から

関連記事

沢口靖子と勝村政信、「縁結びツアー」へ…『鉄道捜査官』3年ぶり最新作

五輪専用「夜行新幹線」はなぜ幻に終わったのか 組織委に懸念された「鉄道ファン」の存在

「ねこトレイン」登場 「猫遺産」企画第2弾 平成筑豊鉄道

JR西日本ダイヤ改正、越美北線の下り始発列車は3時間以上の繰下げ

JR西日本ダイヤ改正、快速「とっとりライナー」一部を普通列車に

沢口靖子「鉄道捜査官」最新作に“あの定番人物が不在?”異変にザワザワ