警視庁が、鉄道事業者と連携し、電車内での痴漢撲滅キャンペーンを始めました。

「おはようございます。痴漢撲滅キャンペーンを行っております」(駅員)

都内の電車内での痴漢の検挙数はおととしはおよそ670件で、新型コロナウイルスの感染拡大で人出が減った去年はおよそ250件でした。例年、薄着になる6月ごろから痴漢が増える傾向にあるということです。

「痴漢にあったときは、このアプリを起動させると助けを求めることができます」(記者)

警視庁は、痴漢にあった際には防犯アプリ「Digi Police」の画面を見せ、周囲に助けを求めるよう呼びかけました。重成生活安全総務課長は「助けを求められたら見て見ぬふりをせずに被害者に声をかけてほしい」としています。(01日21:35)

#痴漢 #電車 #キャンペーン #警視庁


“見て見ぬふりなくせ”電車内の痴漢撲滅キャンペーン

関連記事

緊急事態宣言発令でも人の流れ活発化 航空、鉄道予約増

近鉄「ありがとう 12200系特急 ラストラン乗車ツアー」延期が決定

『ナニコレ珍百景』に“鉄オタ”が猛ツッコミ!「解説間違ってないか?」

「鉄道車両用ワイヤーハーネスの世界市場:用途別、ケーブルタイプ別2026年予測」市場調査レポート発行

新幹線との差を認めて自主開発を断念、「これが中国高速鉄道の成功の秘訣だった=中国

炭鉱電車、最後の雄姿…警笛鳴らしながらラストラン