タカラトミーは、回転寿司のスシローとのコラボレーションによる「プラレール」の新商品「極み! おとどけ! スシロー×プラレール」を7月中旬に発売する。

「極み! おとどけ! スシロー×プラレール」セットイメージ

「スシロー×プラレール」は、「プラレール」を使った「お寿司のお届け」が食卓の上で楽しめる商品。専用列車「すし特急おまち」と寿司を載せる皿、皿を乗せる専用の貨車、おもちゃ寿司の4種類がセットになっており、本物の寿司を皿に乗せて走らせることも可能となっている。

専用列車「すし特急おまち」は、屋根部に大漁旗を掲げ、本体にはスシローのロゴや勢いよく跳ねるマグロのイラストをあしらったデザイン。付属の貨車を連結させることで、同時に3皿まで寿司を運ぶことができる。付属の新パーツ「往復レール」と合わせて使用すれば、任意の区間を自動でスイッチバック運転することも可能。板前と客の役に分かれて「お寿司屋さんごっこ」ができる。

自宅でスシロー気分が楽しめるように、スシローのロゴ入り看板やメニューを掲載したボード、おてもとやわさびなどを模した紙小物も付属する。別売りの各種プラレールと組み合わせてコースを拡張すれば、ぐるりと1周する回転寿司を再現することもできる。

本物の寿司を乗せて運ぶことができる
スシローのロゴを用いたディスプレイ

希望小売価格は6,160円。全国の玩具専門店、百貨店・量販店などの玩具売場、「プラレール」専門店「プラレールショップ」などで販売する。タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」で予約も受け付けている。

#鉄道模型 #玩具 #子鉄 #電車


「スシロー×プラレール」7月発売「すし特急おまち」などセットに

関連記事

太川陽介、“バス旅のプロ”を覆した衝撃の「電車」利用シーンで出たホンネ

京成「まるごと3400形の旅」初代「スカイライナー」の音と走り堪能

鉄道業界に変革起こす?ミライトの5G「実証ラボ」見学会に参加、活用法を探りました【コラム】

くま川鉄道、11月下旬に肥後西村~湯前間運行再開へ – 全線の約7割

相鉄線横浜駅「ガチャの駅 by LaLaLaIST」カプセルトイ自販機108台

中川家・剛 鉄道好きの弟・礼二のためにやらされ続けたこととは…「地獄の週末。跡ついてんねんから」