廃車処分となった貨車はロボットで自動的に解体され、その解体時間はわずか1時間ほど。その後、高度な加工を経て、農機具や金属製品として生まれ変わる。26日、安徽省馬鞍山市に建設された鉄道物資リサイクル生産基地が操業を開始し、鉄道廃棄物資がここで「生まれ変わる」ことになる。人民網が伝えた。

年間約4000両の廃車処分となった機関車、客車、貨車の解体、12万5000トンの廃棄処分となったレールや5万8000トンのスクラップの処理など、鉄道物資リサイクルのハイエンド・スマート製造産業プロジェクトとして、馬鞍山生産基地の生産規模は年間21万トンに上り、自主開発した自動化廃棄貨車解体生産ライン、廃棄レール処理生産ライン、廃棄客車カスタム装飾生産ラインを備えている。

廃車処分となった客車、貨車、レールなど鉄道物資が「生まれ変わり」、農機具部品や工事用機械部品、金属器具といった市場で必要とされる製品となるリサイクル利用は、廃棄物を「宝」に変えて、効率の高いエコロジーな産業チェーンを「循環」させるプロセスを進めている。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

#廃棄 #廃棄物 #車両 #中国


廃車となった車両はどこへ?鉄道廃棄物資が「生まれ変わる」場所—中国

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も