菅首相は29日、JR高輪ゲートウェイ駅(東京都港区)前で見つかった明治初期の鉄道遺構「高輪築堤」を視察した。

高輪築堤は1872年(明治5年)、東京・新橋と横浜を結んだ日本初の鉄道区間の一部。

首相は視察後、記者団に「明治日本の近代化のまさに発祥だ。本当に素晴らしい。感動した」と語った。史跡指定の可能性については「次の世代に引き継いでいくことが大事だ。文部科学省で色んな手続きがあるだろうから、しっかり取り組んでほしい」と述べた。

#首相 #視察 #明治 #東京


「次の世代に引き継ぐ」首相、日本初の鉄道区間の一部「高輪築堤」視察

関連記事

軽ワゴンの女性「車が来ないか気を取られ、警報音に気付かず」…踏切で列車と衝突

栗橋駅デッドセクションのまわりを歩く鉄さんぽ1時間

近鉄12200系の名阪特急を運転、中川短絡線も通過 – ラストラン迫る

愛される「ガチャコン電車」 滋賀の老舗私鉄・近江鉄道 「人と環境にやさしい交通をめざす全国大会in滋賀」から【コラム】

SKE48・須田亜香里、『バス vs 鉄道』で大号泣 相手チームにあおられ…

『バス vs 鉄道旅』勝敗わけた運命の1路線に太川陽介絶叫 バス旅の経験が仇に…